初夏は念入りにカビ退治を!夏におススメの掃除法6つ

印刷用を表示
2019/07/12 09:00

夏の暑さには辛いものがありますが、その暑さを利用して効率よくできるお掃除があります。そのおススメでお掃除方法をご紹介します。

初夏に念入りにカビ退治

 梅雨の間、お風呂のカビに悩まされている方、けっこういらっしゃるんじゃないかと思います。もちろん我が家も……。

 毎日お掃除をしていても、梅雨の間にカビが生えてしまったら、初夏に念入りにカビ退治をすることをおススメします。

 なぜなら、カビは真夏の暑い時期にはあまり生えないからです。

 初夏にしっかりカビ退治をしておけば、真夏は通常のお掃除だけで大丈夫! カビに悩まされることは、そんなにないと思います。

天井のカビ、隠れカビにご用心

 天井に生えたカビは、お風呂中に胞子をばらまきます。そのため、天井は特にしっかり除菌します。

 フローリングワイパーやモップがしっかり湿るくらいパストリーゼをスプレーし、モップを逆さに持って天井を拭きます。

 パストリーゼは高濃度のアルコールなので、樹脂を傷める可能性があります。そのため、天井を拭くときは短時間でさっと終わらせます。

 カビやピンク色のぬめりがついていたら、カビキラーなどのカビ取り剤を使って取り除きます。肩より上の位置にスプレーするときは、目に入ったり、吸い込んでしまったりするので気をつけましょう。

 一般的なカビ取り剤では落とせないゴムパッキンなどの頑固なカビには、キッチン用のハイターを使用します。ハイターは片栗粉を入れてペースト状にして、バターナイフやスプーンなどを使って塗ります。

 その上からラップでパックして、数時間放置。最後にラップを外してシャワーで流すと、片栗粉なのでさらさらと流れていきます。

 また、こんな忘れがちな場所もカビ取り剤でお掃除しています。

忘れてない? お風呂掃除のチェックポイント

1.カウンターの下
外しても大丈夫なつくりであれば、外して中のカビを退治します。

2.浴槽のエプロン
我が家の浴槽は、エプロンを外せませんが、外せるタイプの方はここも外してお掃除しましょう。

3.洗面器やバスチェア
カビがついていないか要チェックです。

4.鏡の裏の隙間
カビが潜んでいそうなら、上から中に向けてカビ取り剤をスプレーします。

5.浴槽の蓋
隅のほうにカビが隠れていることが。夏場シャワーしか使わない場合は、しっかり洗って乾かしてから、別の場所に置いておくとお風呂掃除が楽になります。

6.お風呂の扉やサッシ
とても汚れやすく、掃除しづらい場所だと思います。外せるタイプの場合は外して洗うと、綺麗になります。

7.排水口
パイプクリーナーを使います。ゴミの受け周りなどにもかけながら使用すると、周りも一緒に掃除できます。

最後は防カビ燻煙材で仕上げ

 浴室全体のカビを予防できる燻煙材で仕上げます。燻煙中に家族が間違って扉を開けてしまわないように、扉に「燻煙中。開けないで!」と張り紙しておくか、家族で外出する直前にセットするのが安心です。

 カビは真夏を過ぎて秋になると再び活発に増殖します。しっかり予防したら、真夏は少し手抜きをして、涼しくなったら再びカビに注意しましょう。

  • 1
  • 2

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む