3年に一度、「瀬戸内」での夏体験

印刷用を表示
2019/07/06 17:00

香川県が今、観光地として大きな注目を集めています。2012年からの5年間で外国人延べ宿泊者数が10倍以上に増加し、全国1位の伸び率を記録したほか、「The New York Times」や欧米の有力旅行雑誌で「今年行くべきスポット」として“SETOUCHI(瀬戸内)”が日本で唯一ランクイン。そんな地で今夏、3年に一度の「瀬戸内国際芸術祭」が開催されます。

3年に一度の「瀬戸内国際芸術祭」

 瀬戸内海に浮かぶ12の島と2つの港を会場に、3年に一度開催される「瀬戸内国際芸術祭」。同芸術祭は、春・夏・秋と3回に分かれて行われます。開催年となる今年は、7月19日(金)~8月25日(日)、「あつまる夏」と題し、春に続く第2期が開催(春は計31日間で38万人以上が訪れるなど、日本を代表するアートの祭典として国内外から高く評価されました)。

瀬戸内海 屋島からの夜景
瀬戸内海 屋島からの夜景

 また、会期内の7月21日(日)~8月4日(日)には、音楽や大道芸、食にスポットを当てたナイトイベント「SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL 2019」も。昼は「瀬戸芸」、夜は「サマーナイト」で、アーティストが作品やパフォーマンスに込めた思いを体感することができます。

ハンス・オプ・デ・ビーク「静寂の部屋」(小豆島)
ハンス・オプ・デ・ビーク「静寂の部屋」(小豆島)
西堀隆史 北浜の小さな香川ギャラリー「うちわの骨の広場」(高松港周辺)
西堀隆史 北浜の小さな香川ギャラリー「うちわの骨の広場」(高松港周辺)
Love Song of TOTEMS(SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL)

Love Song of TOTEMS(SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL)

 今年の夏休みは、3年に一度のこの機会に、香川を堪能されてみてはいかがでしょうか。

▼「瀬戸内国際芸術祭2019」詳細
▼「SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL 2019」詳細

これもおすすめ