“次の季節を迎える準備”を効率的に

印刷用を表示
2017/11/03 12:00

季節の変わり目は、モノの出し入れ・管理の季節でもあります。衣替えはもちろん、来年まで使わないビニールプールや布団類、これから使うオイルヒーターなど、細々と収納したり引っ張り出したり。ちょっと大変ですよね。そんな作業を効率的に行うために、ぴょこぴょこぴさんが工夫している収納・管理方法とは?

今回は服や季節ものの収納・管理のお話です

 季節の変わり目には、衣替えのほかに季節家電の入れ替えや、布団を厚手のものに変えるなど、手間がかかることがたくさんあります。

 一人で暮らしていた頃は、自分のものだけを管理すれば良く、また仕事以外の時間は自分のためだけに使えたため、余裕がありました。

 結婚した頃は、夏と冬でラグや玄関マットを変えたり、北欧インテリアにあこがれて雑貨を飾ったり、電気ストーブや扇風機など季節家電が増えたりしましたが、まだまだ無理なく管理ができていました。

 しかし、長女が生まれてからは、子どものものも管理しなくてはいけなくなった上、初めての育児で余裕もなくなりました。

 次女も生まれた今は、育休からの復帰を見据えつつ、少しでも効率的な収納・管理を目指して日々改善しています。

自分の衣替え、今昔

 20代の頃はいろんな服を着たくて、たくさんの服を持っていました。

 季節外の服は、防虫剤と除湿剤と一緒に圧縮袋に入れて片付けていました(圧縮袋にぎゅうぎゅうに詰めておかないと収納に入らなかったのです)。

 衣替えの時期の週末には、しわしわになった服を洗ったり、干したりして入れ替えを。

 自宅で洗えない服も多く、クリーニングの出費もかさんで大変でした。

 今は自分の定番服が少しあれば満足なので、かなり少なくなりました。

 しかも、子どもと一緒に過ごすと服をよく汚されるので、コートや礼服以外はすべて自宅で洗えるものを買うようになりました。

 服の量を減らしたことで、下着や靴下以外はすべてハンガーでかける収納に変えることができました。

 そして、衣替えは衣類カバーをかけ替えるだけに。

 ウールのセーターなど、虫食いが心配なものは新しい防虫カバーをかけ、それ以外は古い防虫カバーか、不織布のカバーをかけています。

 ハンガーは主に無印のアルミハンガーを使っていますが、型崩れが心配なセーターや、襟ぐりが広く開いた形のワンピースなどは、ハンガーの形が付かず、ずりおちないマワハンガーを使っています。

 衣替えのタイミングで、着なかった服、傷んだ服なども処分します。

 以前はリサイクルショップに売る服が多かったのですが、服の量を最低限に減らしてからは、くたくたになるまで着て処分することが増えたので、ほとんどウエスにするか、資源ごみに出すようになりました。

 昔は一日がかりだった衣替えも、今では隙間時間にできるようになりました。

 ちなみに夫の服は「この服、そろそろカバーをかけて片付けるのかな?」と気が付けば、私がついでに片付けることもありますが、主に夫自身が管理しています。

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ