普通じゃなくてもイイ! 楽ちんクローゼット収納

印刷用を表示
2019/08/08 07:00

整理収納アドバイザーのlinenさん。常識にとらわれず、いつも「どうしたらもっと楽にできるか?」を考えながらモノの整理や収納見直しをしているそうです。

 面倒くさがりの私。いつも「どうしたらもっと楽にできるか?」を考えながら、ものの整理と収納見直しをしています。

 クローゼットももちろん、「楽ちん」を目指して収納を考えています。

 これからご紹介する私のクローゼットは、ときには「セオリー」から外れたり、ちょっとと“ヘン”な収納方法もありますが、「楽ちんクローゼット」を目指したい方の参考になればと思います。

クローゼットに「扉がない」「引き出しがない」

 まず、見てのとおりクローゼットには扉がありません。

 なので「扉を開ける」という動作は不要。ありがちな折れ戸の後ろのデッドスペースが存在しません。

 入居直後のリフォームの際に扉を外してもらいました。自分で外して処分するのは大変ですが、機会があったら検討してみてはいかがでしょう?

引き出しもありません

 それから、よくある引き出しの衣装ケースもありません。かがんで引き出しを開ける、という動作も私には面倒なのです(笑)。それから、引き出しの中を整頓するのも面倒…。服が少なくなっているので、以前は使っていた引き出しをなくしました。

「扉&引き出しなしクローゼット」楽ちんポイント

 1. 扉を開けて引き出しを開ける、の動作がいらない

 2. 難しいデッドスペースの収納方法を考えない、引き出しの中を整頓しない

linenさんの記事一覧

もっと読む