「ポイポイ収納」「クルクル収納」で服を畳まない

 1年分の服をポールに掛けていますが、インナーはもちろん別。それからオフシーズンのパジャマや部屋着の一部は別にしています。

 でもそういう服も、楽に出し入れできるようにしているんです。

 インナーも部屋着も「ポイポイ収納」「クルクル収納」(←私の造語)で楽をしています。

 インナーって小さかったり形もいろいろで、きれいに畳んで整頓するなんてハードルが高いと思いませんか?

 しかも取り出して着て洗ってしまってまた着て…というサイクルが短い。

 いちいち畳むなんてやってられません(笑)。

 私の場合は、靴下は丸めてボックスにポイ、タンクトップはクルクル丸めてポイ、ショーツなんてそのままカゴにポイ。

 しかも、インナー用のボックスはクローゼットの中ではなく、立ったまま取れる高さの本棚の上にのせています。

 ただ、この方法は数をたくさん持っているとできないのです。たくさん服を持ちたい人は、きれいに揃えて畳まないと、収納しきれません。

 持っている数が少ないから、ポイと入れても中身が見えるし収納用品も少なくて済みます。「数を取るか楽を取るか」の優先度を考える必要があります。

インナー整理の楽ちんポイント

 1. 畳まない

 2. 整頓しない

 3. かがまない 

linenさんの記事一覧

もっと読む