ふちまで美しい……おうちで最高のホットケーキを作ろう!

印刷用を表示
2019/08/04 08:00

作ってみたら、なんてことないくらい簡単なのに。朝ごはんにホットケーキを焼いて、バターを落とし、はちみつをたらして頬張ると、やっぱりそれだけで何だか特別な気分を味わえるのは、きっとみんな同じなはず。特別な材料は何もいらない、シンプルなホットケーキのレシピをご紹介します。

おうちで作れる、ちょっとリッチなホットケーキ

 わざわざ自分で作ってみたくなるような、少しリッチな気分を味わえるような、そんなホットケーキのレシピを夏休みに紹介したいんです……。

 という編集部のリクエストに応えて、sachiさんが考えくださったのが、こちらのホットケーキ。ふちまでコロンと可愛らしいのがポイントです。

 のどに詰まる感じや、シロップをたくさんかけたくなるようなモソモソした感じがない。けれど、今流行りのスフレパンケーキよりは食べ応えに満足感がある。

 THE・ホットケーキとスフレパンケーキの間を目指しました!

 使う材料はいたってシンプル。小さめのフライパンさえあれば、お家で簡単につくれます!

 それでは、さっそくレシピをご紹介します。

早起きして作りたい、ちょっと特別なホットケーキ

材料(14cmのフライパン2枚分)

・卵 1個
・牛乳 50g
・薄力粉 55g
・砂糖 20g
・ベーキングパウダー 3g

作り方

1.卵の白身と黄身を分ける。卵黄と牛乳をボウルに入れ、よく混ぜる。

2.薄力粉とベーキングパウダーを1に加え、泡だて器でダマがなくなるまでしっかり混ぜる。混ぜるうちにダマがなくなるので、粉は振るわなくてもOK!

リボンができるくらいまでよく混ぜます。
リボンができるくらいまでよく混ぜます。

3.別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立てる。

4.メレンゲがモコモコとしてきたら、砂糖をスプーン1杯ずつ加え、その都度泡立てていく。だんだんときめが細かく、固いメレンゲになってきます。

メレンゲに少し重みが出てきたタイミングで砂糖を一杯ずつ入れていきます。

メレンゲに少し重みが出てきたら砂糖を入れ始めます。

5.ピンとツノが立つくらいしっかりとしたメレンゲができたら、ハンドミキサーの羽についたメレンゲを2のボウルに入れて、泡だて器で混ぜる。

羽についたメレンゲをそのまま落とせばいいから楽チンです。
羽についたメレンゲをそのまま落とせばいいから楽チン!

6.もう片方の羽についたメレンゲも入れて、しっかり混ぜる。

メレンゲが生地にしっかりなじむように、ぐるぐる混ぜます。泡がつぶれるのは、そんなに心配しなくても大丈夫!

泡がつぶれるのを心配せず、ぐるぐる混ぜて大丈夫。

7.泡だて器からゴムベラに持ち替え、残りのメレンゲを加えて、滑らかになるまでさっくり混ぜる。

手早くさっくり混ぜます。
手早くさっくり混ぜます。
これで生地が完成です!
これで生地が完成です!

8.フッ素加工のフライパン(約14cm)を軽く温める。温まったらいったん火を消し、フライパンを上下に振って軽く温度を下げる。

9.フライパンに生地の半分を流しいれ、トントンと生地を均一にならす。この時は、まだ火をつけていません!

10.フライパンを極弱火にかけ、4分くらいじっくり焼く。

消えるか消えないかくらいの弱火です。

消えるか消えないかくらいの弱火で……。

あま~い香りが広がってきます。
あま~い香りが広がってきます。
端のほうの穴が大きくなってきました。ぽつぽつ穴が出てくる様子をじーっと見守ります。
端のほうの穴が大きくなってきました。ぽつぽつ穴が出てくる様子をじーっと見守ります。
端のほうが固まってきたら、ひっくり返す準備をします。
端のほうが固まってきたら、ひっくり返す準備をします。

11.中央からも大きな穴が出始めたら、端の部分を少しずつ外していく。

早々に焦げることはないので、焦らずゆっくり……。
早々に焦げることはないので、焦らずゆっくり……。

12.スプーンをフライパンの底に入れ、生地を持ち上げる。

フライ返しより大きめのスプーンのほうが、やりやすかったです。
フライ返しより大きめのスプーンのほうが、やりやすかったので、おススメです。

13.上からフライパンをかぶせるようにして、ホットケーキを裏返しにする。

ホットケーキでなく、フライパンを返すほうが簡単なんです。
フライパンを返すほうが簡単なんです。
えいっと返します。綺麗な焼き色が見れました♪

えいっと……! 綺麗な焼き色が嬉しい♪

14.裏面も極弱火で2分弱焼いたら、完成です!

  • 1
  • 2