「おにぎり」で世界の子どもたちを救おう

印刷用を表示
2017/11/13 13:00

 Instagramで話題になっている「#おにぎりアクション」。とっても美味しそうなおにぎりが沢山投稿されていますよね。今日のお話は、おにぎりアクションが立ち上げられた理由について。この記事を読んだらきっと、おにぎりアクションに参加したくなるはず!

「おにぎりアクション2017」開催中!

 日本のソウルフード「おにぎり」。こんなに簡単で美味しい料理って、ほかにないのでは?

Instagram/saki.214さんの投稿より
Instagram/saki.214さんの投稿より

 最近Instagramで「#おにぎりアクション」が話題になっています。おにぎりアクションとは、おにぎりを通して世界の子供たちへ給食を届けよう!というキャンペーンで、国連が制定した世界食料デー“10月16日”を記念し10月5日から開催されているもの。毎日沢山のおにぎりの写真が投稿されていて、人気のインスタグラマーさん方も参加されていますよね。

おにぎりアクション参加の方法
おにぎりアクション参加の方法

 今日のお話は「そもそもなんでおにぎりアクションが立ち上げられたのか」ということ。先に言ってしまうと、世界の食糧問題を解決するための取り組みなのですが、そんなに難しい話ではありません。難しいどころか、食費の節約につながるかもしれない、楽しくポジティブなお話です。この記事を読んで、ぜひ自分にできることから始めてみてください!

 それでは本題に入りましょう。いま日本では年間約2,801万トンの食品が廃棄されています。そのうち家庭から発生しているのが312万トン。食料の多くを輸入に頼っている日本ですが、実は食料の廃棄量では世界でも1、2位を争うほど高いのです。ちなみに、世界ではすべての人が十分に食べられるだけの食料は生産されています。それにも関わらず、未だに9人にひとりが飢えているのです……。数字にするとどれだけ深刻な問題かがわかりますよね。(農林水産省「食品ロスの現状」H24推計値より)

関連リンク

これもおすすめ