お盆に帰省するのは、日本人のDNA? お盆は日本人にとって大切な行事。その意味を知っていると、お盆の過ごし方が少し変わるかもしれません。

お盆の思い出、ありますか?

 8月に入り、お盆休みが近づいてきましたね。

 お盆はどこに行くにも高いし混んでるし、ということで時期をずらして休みを取る方も多いですが、やはり夏休みイコールお盆休みのイメージありますよね。

 東京や一部の地域では7月にお盆をするところもありますが、一般的に多いのは8月15日あたりです。

 みなさんは、お盆になにか思い出はありますか?

 うちは、とにかく親戚がたくさん来ていました。誰か来るたびに挨拶に呼ばれて、子どもも忙しかったです。

 お盆の習慣は、地域や家によっても全然違うので、お友達の話を聞いてみるのもおもしろいですよ。

灯篭流しは、お盆の送り火
灯篭流しは、お盆の送り火です。

お盆のはじまりは、お迎えから

 さて、もともとお盆は、中国の盂蘭盆会(うらぼんえ)という仏教の行事からきています。

 そこに日本古来の、祖霊(それい)をまつるという習わしが合わさったものが今のお盆です。

 祖霊は、いわば亡くなったご先祖さまの霊のこと。お盆はご先祖さまをお迎えし、もてなし、見送るものなんです。

 お出迎えやお見送りの際に使われるのが「火」。夕方に「おがら」という麻の茎を燃やしてお迎えするところが多いようです。

 でも、これも様々。私の実家では、お寺でちょうちんに火を入れてもらっていました。火を使わない地域もあるのだとか。

 お迎えの乗り物として、きゅうりの馬は有名ですよね。馬に乗って早く来てもらい、帰りはゆっくりナスの牛で。こんな習わしにも、おもてなしの気持ちが感じられます。

  • 1
  • 2

関連リンク

いとよしさんちの美香さんの記事一覧

もっと読む