うつわ次第で、日々の「食」は、各段においしく楽しくなる。hasu.hanaさんのInstagramを見ていると、そう感じさせられます。今月のテーマは、hasu.hanaさんのうつわ選びのきほんです。

うつわ選び、私のきほん

 日々の食事に欠かせないうつわ。

 デザイン、サイズ感、テクスチャー、安価なものから値段のする作家さんのものまで。うつわの選択肢はいくつもあるけど、好みはみんなそれぞれはっきりしていることが多いですね。

 私がうつわを選ぶときの基準は、普段使いができること、盛りたい料理が思い浮かぶこと、食器棚の中に重ねるスペースがあること。

 さらに、同じうつわは2枚ずつ、もしくは柄違いを2枚そろえると、食卓でのバランスや食器棚での収まり具合、見た目が良くなります。

 とても単純な基準なんですが、けっこうこれが大切なんです。

 しかしときには、造形にときめき、普段使いはできないと思っても手に入れたくなるものもあります。

 そういったうつわは、見せる収納にしたり、フルーツを盛ったりと、できるだけ出番を増やすようにします。

 ときめいて迎え入れたうつわは、どんなものでも宝の持ち腐れにならないように、どんどん使ってあげたいものです。

 SNSで料理を気軽にアップする時代になり、色んな人の暮らしからヒントを見つけたり、学びを得ることが増えました。情報はたくさんあるけれど、どうやってうつわを使いこなしたらいいのかわからない……。

 みなさんには、そんな思いはありませんか?

三度の食事とうつわ選び

 身支度に家事、お弁当作りなど、とにかく忙しい朝は、扱いやすいうつわが片付けも簡単で、気を遣いません。洗い物が増えないようにワンプレートにしたりと、できるだけシンプルにしたいものです。

 お気に入りのうつわをたくさん持っているなら、「今週はこのうつわ」と決めて週替わりにするのも楽しいかもしれません。もちろん、毎日選ぶ時間があれば、それも良いでしょう。

 パンにしても、ご飯にしても、大事な朝ごはん。少しでも有意義なものにしたいですよね。朝は自分が疲れないようなしつらえが一番です。

 家にいるときのお昼ごはんは、超簡単に♪

 卵かけご飯にお新香、お味噌汁、はたまた炒飯だけなんて日も。だけどうつわはお気に入りのものを。

 それだけで気分も変わり、超簡単なのに幸せなお家ランチに変身!

炒飯も漆のうつわに盛り付ければご馳走に!
炒飯も漆のうつわに盛り付ければご馳走に!

 夜は、うつわをたくさん人も多いでしょう。多少後片付けが大変でも、大皿を使ったり、めいっぱい小皿を使い、ついでにコーディネートを楽しむのもいいですね。

ご飯や煮物は土鍋ごとテーブルに出します。
ご飯や煮物は土鍋ごとテーブルに出します。
黒ゴマの和え物をあえて黒のうつわに入れて楽しんだり。
黒ゴマの和え物を黒のうつわに入れて楽しんだり!
  • 1
  • 2

hasu.hanaさんの記事一覧

もっと読む