100年先も美味しい「有機野菜の秘密」

印刷用を表示
2019/07/28 06:00

美味しいお野菜を消費者に届け続ける「坂ノ途中」。そこにはこんな想いがありました。

 「100年先もつづく、農業を」を合言葉に、農産物の販売を行う「坂ノ途中」。同社が目指しているのは、環境負荷の小さな農業に取り組む人たちを増やすこと。

 農薬や化学肥料に頼らず、環境負荷の小さい方法で育てられた農産物を生産者から集め、「内容おまかせ、野菜の定期宅配」という形で提供しています。

「お野菜セット」の例(Mサイズ)。季節ごとに旬の野菜を提供しています。左上から時計回りに8月・9月・10月・11月

「お野菜セット」の例(Mサイズ)。
季節ごとに旬の野菜を提供しています。
左上から時計回りに8月・9月・10月・11月

 坂ノ途中のパートナーは、新たに農業に飛び込んだ新規就農者。就農が厳しい戦いになることを覚悟の上で飛び込む新規就農者の栽培技術は、相当に高いのだそう。また彼らの野菜を販売することで未来につながる農業の担い手を増やしたいと、同社社長の小野さんは語ります。

10周年に寄せて

坂ノ途中 社長 小野邦彦さん
坂ノ途中 社長 小野邦彦さん

 「100年先もつづく、農業を」そう言いながら、来る日も来る日も野菜を運び、販売し、農家さんたちと歩んでいるうちに、気づけば10年が経っていました。環境への負担の小さい農業を広げよう、そのために、新しく農業に挑戦する人を支えられる会社であろう! という思いは相変わらずです。

 一方で、周囲の状況はずいぶんと変わりました。新規就農者を自治体や地域が応援することも増え、就農のハードルはいくらか下がりました。この社会の変化を目の当たりにして、先見を誇りたくなる気持ちも少しはあるけれど、どれだけ自分たちが貢献できたかを考えると、影響力の小ささが悲しくもあります。

 そんな社会変化の中、僕たちのパートナー農家さんは、新参者から地域の頼れる若手、主力へと変化を遂げつつある方が多いです。環境負荷の小さい農業を志す「人」が点在している現状から、そういった農業そのものが面で展開される未来へシフトできるか。これからの5年、10年がとても大切なタイミング、時間です。引き続き、僕たちのお野菜などを楽しんでいただきつつ、見守っていただけると嬉しいです。

坂ノ途中の歩み(画像タップで拡大)
坂ノ途中の歩み(画像タップで拡大)

 そんな同社が今年、10周年を迎えるということで定期宅配送料無料キャンペーンを8月10日まで実施中。期間中「旬のお野菜セット[定期宅配]」を申し込むと、初回分の送料が無料になります(S・M・Lサイズ全て)。

「坂ノ途中」のHPより。定期便は毎週か隔週か選べます
「坂ノ途中」のHPより。定期便は毎週か隔週か選べます

 全国への配送を行っているという定期便以外にも、送料無料のお試しセットもあるとのこと(一部地域を除く)。日本の食の未来を担う生産者たちが作り出した美味しいお野菜、ぜひ味わってみたいですね。

▼「坂ノ途中」公式HP