お魚メニューの定番にしたい、白身魚のソテー

印刷用を表示
2019/08/23 08:00

暑くても一日がんばった! そんな日は、日暮れから自分にご褒美をあげませんか? 夏に飲みたくなる冷たい白ワインにあわせて、井口さんがお魚のメニューを紹介してくださいました。

日が暮れたら、白ワインでご褒美タイム

 みなさん、こんにちは。

 暑い夏は、きりっと冷えた白ワインを飲みたくなることはないでしょうか。そんなときは、夕暮れからアペロを楽しみませんか?

 アペロは、ディナーの前に軽くお酒を飲む、フランスの文化。ディナータイムはディナータイムでしっかり楽しむので、添えるおつまみは軽いものを。

 プロシュートとドライフルーツを皿に盛り、辛口の白ワインをグラスに注げば、ご褒美タイムの始まりです!

 さて、今日ご紹介させていただくのは、アペロの後のメインディッシュ。冷えた白ワインにぴったりのお料理です。

 今回はメカジキを使いまいしたが、白身魚やサーモンで作っても、もちろんおいしく作れます。スーパーで見かけた魚で大丈夫!

 とっても簡単でシンプルなお料理なので、ぜひお家でトライしてみてくださいね。

レモンが香るメカジキのソテー

材料

・メカジキ 2切れ
・しょうゆ 大さじ2
・バター 10g
・にんにく 1かけ
・塩 適量
・ブラックペッパー 適量
・薄力粉 適量
・オリーブオイル 大さじ2
・ひらたけ 1株
・アスパラガス 4本
・パセリ 適量
・レモンのスライス 2枚

下準備

・メカジキに塩を振り、出てきた水分をキッチンペーパーでふき取る。その後、塩とブラックペッパー振り、薄力粉を全体に薄くまぶしておく。

・にんにくを薄切りにする。

・ひらたけとアスパラガスは食べやすい大きさにカットする。

作り方

1.フライパンにオリーブオイルをしき、弱火でにんにくに火を入れる。

2.にんにくを裏返しながら加熱し、ガーリックチップのようにカリカリになったら取り出す。

3.にんにくの香りがうつったオイルを使い、メカジキを片面1分ずつ中火でソテーする。両面焼いたら蓋をして、3分ほど蒸し焼きにする。

4.しょうゆとバターを加え、メカジキにからめるようにソテーする。

5.メカジキを取り出し、器に盛りつける。同じフライパンにひらたけとアスパラガスを淹れ、残ったソースで炒める。

6.ひらたけとアスパラガスもお皿に盛り付け、パセリ、レモンのスライスを飾って完成。

★お好みでガーリックチップを一緒に食べてもおいしいです!

★レモンの酸味と香りで高級感のある仕上がりに! パセリとの相性も抜群なので、お飾りではなく、ハーブとしてぜひ一緒に食べてみてください。



Writer PROFILE

  • 井口タクトさん

    Instagram ▶︎@ouchigohan_ojisan

    会社員をしながら、趣味で美味しい料理を作っています。 ケータリング・フードスタイリング・レシピ開発と写真提供・テーブルウェア監修・ワークショップなど、気ままに活動中です。

井口タクトさんの記事一覧

もっと読む