YouTubeやレシピ動画サイトなど、プロの映像クリエイターではない普通の人が作った動画コンテンツを目にする機会が増えていますよね。お菓子ブログを主宰し、本業は翻訳家として活躍されている森嶋マリさんも、実は今、YouTubeでチャンネルを持ち、YouTuberとして動画制作を楽しんでいらっしゃいます。そこで、どうして動画制作にはまったのか、実際どんなふうに動画を作っていらっしゃるのか、連載で教えていただくことに! 第四回目の今回は、動画制作には欠かせない編集作業の基本について教えてもらいました。

ちょっと待って!動画を上げる前に知りたい編集のこと

 こんにちは! YouTubeチャンネル〈Marin’s Single Kitchen〉のMariこと森嶋マリです。

 前回の動画コラム第3話では、基本的な撮影のポイントをお伝えしました。

 きちんとポイントを押さえて撮ったから大丈夫。さっそく動画をSNSで公開しよう! ――そう考えたあなた、ちょっと待ってください!

 動画を編集なしで公開できるのは、よほど撮影が上手で、どのシーンをどのぐらいの長さで撮れば、イメージどおりの仕上がりになるのかがわかっている、かなりの上級者だけかもしれません。

 いえ、むしろ、プロの映像クリエイターこそ「ノー編集」なんてことは、まずありません。

 動画制作に編集は不可欠です。

 

編集作業はスマホでもできる

 いまは、素人でもスマホで動画編集ができる時代。あなたのスマホにも動画編集アプリが入っているかもしれません。

 私が使っている携帯電話iPhoneには、iMovieという動画編集アプリが最初から入っています。iPhoneで撮った動画を、iMovieで編集できるのでとっても便利です。

スマホの無料動画編集アプリで編集。手軽です。
スマホの無料動画編集アプリで編集。手軽です

 たとえば、ビデオカメラで撮影した動画を編集するには、データをパソコンなどに読み込ませなければなりません。そのひと手間が省けるだけでも、携帯電話を使った撮影と編集で、動画制作のハードルが一気に下がります

 といっても、私は1眼レフカメラで動画を撮影しているので、データを移すという工程は不可欠です。さらに、編集作業は携帯電話ではなく、タブレット(iPad)を使っていました。

 携帯電話で編集をしなかった最大の理由は、画面のサイズが小さいからです。小さな画面では目が疲れるという個人的な(あるいは、年齢的な!?)理由ですので、そういう事情がなければ、まずは携帯電話で無料の動画編集アプリを使って、動画を作ってみるのをお勧めします。

森嶋 マリさんの記事一覧

もっと読む