今年注目のだし「伊吹いりこ」を使った鍋つゆ

印刷用を表示
2019/08/06 08:00

日本人の食卓には欠かせない「だし」。鰹節、昆布、煮干し、あごだしなど、さまざまなものがありますが、 みなさんは普段どんなおだしを使っていますか? 先日いただいた「伊吹いりこ」という珍しいおだしを使ったお鍋がとても美味しかったので、ご紹介したいと思います。

香川県でしか作れない、伊吹いりこ

 香川県の最西端、伊吹島(いぶきじま)。国内有数の「いりこ」の産地として知られるこの島で作られるいりこは「伊吹いりこ」と呼ばれ、漁獲から加工まで網元が一貫して生産を行うことで、鮮度の高い上質ないりこを作りあげています。

讃岐うどんには伊吹いりこが欠かせません。ちなみに、「煮干し」も「いりこ」も同じものってご存知でしたか? どちらも主にカタクチイワシを使ったもので、前者は東日本、後者は西日本で使われることが多い言葉です。

讃岐うどんには伊吹いりこが欠かせません。ちなみに、「煮干し」も「いりこ」も同じものってご存知でしたか? どちらも主にカタクチイワシを使ったもので、前者は東日本、後者は西日本で使われることが多い言葉です。

 そんな伊吹いりこを使った鍋つゆが、万城食品から発売されるという話しを聞きつけ、試食会におじゃましてきました。

会場には「だし愛好家」として知られる、梅津有希子さん(写真左)もいらしていました。すでに鍋つゆを実食済みの梅津さんが「美味しい」と話していました。これは期待が高まります。

会場には「だし愛好家」として知られる、梅津有希子さん(写真左)もいらしていました。すでに鍋つゆを実食済みで「美味しい」と話す梅津さん。これは期待が高まります。

 鍋つゆはストレートと濃縮タイプがあり、それにお好みの材料を加え、煮るだけ。 今回は海老、ホタテ、タラの海鮮ベースのお鍋をいただきました。

 いざ実食!

 ……素材の味を引き立てるしっかりとしたコクと旨味。海鮮のエキスと合わさり、さらに旨味が倍増、とっても美味しい。スープを飲む手が止まりません。シメのおうどんも、あっという間に完食してしまいました。

 今回は海鮮のお鍋をいただきましたが、あっさりとしたお味はお肉はもちろん、どんな食材にも合いそうです。また、鍋だけではなく肉じゃがなどの煮物や、炊き込みご飯に、めんつゆ感覚で使っても良さそう。

いぶき鍋つゆ

『いぶき鍋つゆ』。化学調味料は無添加。

 こちらの鍋つゆが発売となるのは、9月1日。暑さも少し落ち着き、美味しい食材が出回る秋頃、伊吹いりこを使ったお鍋を楽しまれてみてはいかがでしょうか?

商品概要

販売店舗:全国のスーパーマーケット鮮魚売り場、万城食品オンラインショップ
内容量:ストレートタイプ 750g、濃縮タイプ 20g(30g×4袋入)
希望小売価格:オープン価格
発売日:9月1日

▼商品紹介ページ