翻訳家でお菓子ブログを主宰している森嶋マリさん。サンドイッチが大好きという森嶋さんですが、どうしても解せないことがあるんだとか。

サンドイッチっていつからあるの?

 こんにちは! お菓子ブログ〈Single KitchenでSweetsを〉のmarinこと森嶋マリです。

 お菓子ブログと銘打ったブログに記事をアップしている私ですが、パンもよく焼きます。

 パンを焼くようになって、かれこれ5年。基本の丸パンから、食パン、バターロール、塩パン、ベーグル、ピタパン、さらには、難易度高めのカンパーニュや、超難関のバゲットにも挑戦しています。

 そんなふうに焼き続けても、とうてい作りきれないほど数多くの種類があるパン。都会のパン屋さんを覗けば、いつも新たな発見があります。世界へと目を広げれば、お母さんが焼く素朴なパンから、職人が焼く華麗で美味なパンまで、それこそパンの数は無限大。

 そんな星の数ほどあるパンの中でも、日本人にいちばんなじみがあるのは、四角い食パンでしょう。

 昭和生まれの私など、まさにそのとおり。子供の頃は、50円玉を握りしめ、「8枚切りを一斤ください」という言葉を心の中で何度も練習しながら、近所のパン屋さんにおつかいに行ったものでした。パン屋さんと言っても、いまのような手作りパンのお店ではありませんよ。大手メーカーの食パンと何種類かの菓子パンが並んでいるだけのお店。いまどきの素敵な手作りパン屋さんがあたりまえの子供たちに話しても、いまひとつピンと来ないはず。でも、パンと言えば、ほぼ食パン・オンリー――そんな時代もあったのです。

 そして、食パンで作るサンドイッチを食べれば、ちょっとオシャレな気分になれた時代でもありました。そんな刷り込みがあるせいか、私はいまでもサンドイッチが大好きです。

 というわけで、今回はサンドイッチのお話です。

ちょっとおしゃれに楽しめる、食パンを使った定番サンドイッチ
ちょっとおしゃれに楽しめる、食パンを使った定番サンドイッチ

 サンドイッチはいつが起源なのかわからないほど、大昔から食べられていました。サンドイッチと呼ばれるようになるはるか前から、パンを食する文化がある地域では、パンにおかずをはさむという食べ方は、日常的に行われてきたのです。記録に残る最古のサンドイッチは、ユダヤ教の「過越の祭り」で食べられる「ヒレル・サンドイッチ」と言われています。「マッツォ」という無発酵のパンに子羊肉とハーブをはさんだもので、紀元前1世紀にユダヤ教のラビ(指導者)が考案したと伝えられています。

 でも、そういう食べ方をサンドイッチと呼ぶようになったのは、18世紀も半ばになってから。イギリスのサンドイッチ伯爵が、パンに肉をはさんだものをしょっちゅう食べていたことから、「サンドイッチ」と呼ばれるようになりました。なぜ、サンドイッチ伯爵がそういう食べ方を好んだのか? それは寝食を忘れるほどギャンブルにのめりこんでいて、ギャンブルをしながら片手で簡単に食べられるものが欲しかったという説が一般的です。一方で、その伯爵はギャンブラーではなく、きまじめな国務大臣で、忙しい職務の合間に簡単につまんで食べられるものを持って来させたという説もあります。

 どちらの説が本当なのかはわかりませんが、片手でつまんで手軽に食べられるというところが、伯爵のツボにはまったのは間違いなさそうです。

つい間食したくなる、片手でつまめるフルーツサンド
つい間食したくなる、片手でつまめるフルーツサンド

 そう、薄くスライスしたパンを使ったサンドイッチの良さは、そこにあると私も感じています。公園のベンチに座って、本を読みながらパクつくもよし。仕事が忙しければ、パソコンの前に陣取って、片手でマウスを操作しながら、もう片方の手で食べるもよし……いえいえ、それはあまりお薦めしませんけどね。

森嶋 マリさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ