おにぎりアクション2017 結果発表!

印刷用を表示
2017/11/16 19:00

おにぎりの写真をSNSに投稿して、世界の子供たちへ給食を届けるキャンペーン「おにぎりアクション」。写真の投稿枚数は16万枚を超え、給食90万食分の寄付が集まりました。

 先日公開した記事『「おにぎり」で世界の子どもたちを救おう』でも触れた「おにぎりアクション」。

 世界中の人が食べ物や食糧問題について考える日として国連が定めた10月16日「世界食料デー」にちなんだもので、おにぎりの写真を「#OnigiriAction」を付けてSNSに投稿すると、写真1枚につき100円が寄付され、アフリカ・アジアの子どもたちに給食5食を贈ることができるというもの。

 ちなみに寄付金は、この取り組みに賛同する企業(伊藤園やOisix、ますやみそ、良品計画など35社)から提供されます。

 このキャンペーンは2017年10月5日から11月15日までの42日実施され、その結果、写真の投稿枚数が16万枚を超え、給食90万食分の寄付が集まったとのことです。

こんな写真が投稿されました

 おにぎりアクションを主催した特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalは集まった写真のなかから9つの賞を選出する「おにぎりグランプリ」も開催しました。そのなかからいくつかを紹介したいと思います!

「ノリノリで賞」kyge.191292さん

 息子さんに向けてのメッセージを海苔文字で描いたおにぎりです。仕事でお母さんがいない間の、息子さんの様子を見越してのメッセージがユニークですよね。

「こんなおにぎりよく作ったで賞」sakuracafe001さん

 10月24日に発売が開始された、おにぎりの切手の絵柄をおにぎり弁当で忠実に再現しています。しかも、切手の発売初日に!

「おにぎりを世界に広めたで賞」@makotooseraさん

 Instagramを中心におにぎりアクションについて英語で何度も紹介されたmakotooseraさん。世界中のフォロワーの皆さんが次々とおにぎりを作ってくれたそうです。

「子どもおにぎり大賞」chieさん

 おばあちゃんが作ってくれたおにぎりと一緒にパシャリ。おにぎりに囲まれた赤ちゃんの笑顔がと可愛いですね。

 実はこのおにぎりアクションは昨年も行われており、それに比べると今年の投稿写真の数は約1.5倍なのだそうです。

 これからも、同様の取り組みが行われ、おにぎりアクションの輪が広がってゆくと良いですよね。

関連リンク

これもおすすめ