秋はお月見のシーズンです。昔の人は、どのようにお月見を楽しんでいたのでしょうか?

月、見上げていますか?

 夏休みも終わり、少しずつ秋めいてくる9月。

 9月の行事のひとつに、お月見があります。秋を感じさせますよね。

 お月見のイベントなども、ここ数年で少し増えてきているような気がしますが、みなさんはお月見されますか?

 月は、お天気や時間帯が合えばほぼ毎日見られますし、見上げればいつもそこにいてくれる的な、身近な存在でもあります。

 少しずつ満ちたり欠けたり、なんとはなしに見るだけで日々のうつろいを感じ、ちょっと気持ちが落ち着いたりして。

 実は、月を鑑賞するという考えは、中国から入ってきたもの。

 日本では、月は農耕の暦に欠かせない存在でした。実りに感謝する秋の収穫祭と月を鑑賞する中国の文化が結びついて今のお月見スタイルとなったのです。

お月見では、ドロボーもOK?

 旧暦では、8月15日が中秋の名月といわれる十五夜。

 毎年日にちは違うのですが、今年は9月13日にあたります。

 満月の丸の形は、豊穣のしるしともいわれ、十五夜では里芋やさつま芋などの芋の収穫を祝って、お月さまにお供えしていました。

 ちなみに、昔はお月見の時だけは、お供え物を取っても怒られなかったそうですよ。なぜかというと、お供え物がなくなった=神様が来てくださったと考えられていたから。

 あっちこっちで、お団子に手を出す子どもの姿が目に浮かぶようです(笑)。おおらかな時代ですね。

  • 1
  • 2

関連リンク

いとよしさんちの美香さんの記事一覧

もっと読む