▼目次

行動を書き出すと、改善方法が見えてくる!

 今回の場合、ゾーンを意識して行動を順序良く書きだした時点で、Hさんご自身がすでに改善ポイントを発見したようです。

Hさんの感想

 毎朝のように、なんだか使いづらいなあ……とキッチンでの作業にストレスを感じていたのですが、朝ごはんの支度の様子を書き出していくと、ストレスを感じていた理由が明快にわかりました!

 そこで、ゾーン分けしていただいた図を参考に、ストレスを感じていた「取り出しにくかったもの」を入れ替え、移動させることにしました。

Bにあり、取り出しにくくて困っていた麦茶パック、コーヒーの粉、ペーパーフィルター
Bにあり、取り出しにくくて困っていた麦茶パック、コーヒーの粉、ペーパーフィルター
食器棚を整理し、下段に、コーヒー類を移動させました
Eの食器棚を整理し、下段に、麦茶パックとコーヒー類を移動させました

 Dのシンク上吊り戸棚もまた、夫がB・Cにいても取り出しやすい場所なので、こちらにもEにあった食器を少し移動させました。

吊り戸棚の食器も使いやすく整理しました
Eにあった食器を、Dのシンク上の吊り戸棚にも少し移動させました

 キッチン収納は、引っ越してきたときに決めて以来、ずっとそのまま使っていましたが、行動を元に取り出しやすいところに移動させることで、キッチンでの作業時のストレスが解消され、朝の作業が格段に楽になりました!

 ありがとうございました!

行動を書き出すと、解決策が見つかる!

 「なんか取り出しにくいなぁ」「動きがスムーズにいかないなぁ」とキッチンでの作業時にストレスを感じているときは、行動を客観的に書き出してみると、解決方法が見つかると思いますよ。

 効率よくストレスなく作業ができるキッチンを目指して、ぜひお試しを!



linenさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2019/09/02 06:00 /article/detail/1906