意外と合う!?「カレー×紅茶」の組み合わせ

印刷用を表示
2019/08/30 07:00

先日、キリンの「午後の紅茶」とタイカレーでおなじみ「ヤマモリ」のペアリング体験会に参加してきました。4種類の紅茶と4種類のカレー、果たして一番美味しい組み合わせは?

紅茶のお供といえば

 こんにちは。みんなの暮らし日記ONLINE編集部です。

 先日、ちょっと変わったイベントに参加してきました。その名も「紅茶×カレー ペアリング体験会」。

 紅茶のお供というと、真っ先に思い浮かぶのはお菓子やパンなど甘みのあるもの。紅茶を食事に合わせるという方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

 そんな甘いものとは対極にある、カレーと紅茶が合うという話しを聞きつけ、興味津々でキリン本社におじゃましたのでした。

紅茶×カレーのペアリング

 今回、試した組み合わせは、キリン 午後の紅茶シリーズから「おいしい無糖」「レモンティー」「ストレートティー」「ミルクティー」とタイカレー。カレーの提供は、タイカレーでおなじみヤマモリさんから「グリーンカレー」「イエローカレー」「プリックカレー」「プーパッポンカレー」。

 果たしてこの組み合わせは合うのでしょうか……。半信半疑ながらも、いざ実食。1種類のカレーと4種類の紅茶を交互に飲みながら、じっくり味を確かめていきます。

 結果から申し上げると……カレーと紅茶は合う! 合います!! それぞれのカレーごとに、合う紅茶は異なるものの、驚くほどのマッチング具合。なんでも、紅茶にしか含まれない「紅茶ポリフェノール」という成分が、こってりした口の中をスッキリさせてくれるんだそうですよ。

 それでは、編集部が美味しく感じたそれぞれの組み合わせを発表していきましょう。

グリーンカレー
イメージ
イメージ

 まずはグリーンカレー。唐辛子のピリリとした辛さが美味しいこのカレー。一番相性が良かったのは、ミルクティーでした。グリーンカレーに使われている、ココナッツミルクとミルクティーのミルク感がマッチしたのでしょうか。

イエローカレー
イメージ
イメージ

 続いて、揚げた玉ねぎとゴロっと大きな鶏肉がたまらないイエローカレー。こちらはグリーンカレーよりもさらにココナッツミルクが効いています。はい、こちらもミルクティーがベストマッチでした。

プーパッポンカレー
イメージ
イメージ

 カニと卵を使った、まろやかなお味のシーフードカレー。こちらには、爽やかなレモンティーがよく合いました。ここまで食べて気が付きましたが、スパイシーなカレーには、甘みのある紅茶が合うようです。カレー大国インドで食事と合わせてチャイや砂糖入りの紅茶が飲まれていたり、辛い食べ物が多いタイでは甘いお茶が多いのも納得ですね。

プリックカレー
イメージ
イメージ

 タイ語で唐辛子を意味する「プリック」。その名のとおり、辛党にはたまらない刺激的なお味。激辛なのでやはり、合うのは甘い紅茶。ここでもレモンティーに軍配が上がりました。

 味覚には個人差がありますから、キリン紅茶アドバイザーの高井美奈さん、午後の紅茶ブランド担当の方、タイカレーのヤマモリさん、それぞれのオススメの組み合わせも教えてもらいましたよ。

タップで拡大
タップで拡大

 食事とお茶のさまざまな組み合わせ。紅茶以外にも色々と試してみると、食事の楽しみが広がりそうですね。皆さんもぜひ、お好みマッチングを見つけてみてください。



関連リンク