焼き菓子のおいしい季節を間近に控えた時期、おうちでマフィンを焼いてみませんか? 今回の簡単レシピは、甘さ控えめのアメリカン・マフィンです。ふんわり紅茶マフィンと、食べ応えのあるチーズマフィン。おまけにバターなしのチョコチップのバナナマフィンをどうぞ。

目次

1.マフィンの種類
2.ティータイムに。ふんわり「紅茶マフィン」
3.軽食に。濃厚な食べ応え「チーズマフィン」
4.もちふわ「チョコチップとバナナのマフィン」

マフィンとは

 マフィン(muffin=英)は大きく分けて、焼き菓子のようなものとパンのようなもの、ふたつの種類があります。

 パンのほうは「イングリッシュ・マフィン」、焼き菓子のほうは「アメリカン・マフィン」と称されることが多いです。

 イングリッシュ・マフィンは、ハムや卵と一緒に朝食に出されたり、エッグベネディクトとして丸くて平べったく焼き上げて出されるものです。某ファストフードチェーンストアの朝メニューとして出されるエッグマフィン、といえばピンとくる方もいるのでは。

 アメリカン・マフィンは、甘さ控えめの菓子パンのように朝食、軽食、おやつとして幅広く食されています。まるでケーク・サレ(Cake salé=仏)のように食事用として、サーモンやほうれん草を具材に、塩味に焼かれることもありますが、カップケーキとどこが違うのかといわれるほど、甘いものもあるようです。

 国によっても異なる印象のマフィン。トコロ変われば呼び方も異なるもの。

 おいしく楽しむことができれば、それでいいのかもしれませんね。

簡単&手軽な3つのレシピ

 今回ご紹介する3つのレシピはどれも、ホットケーキミックス100gの分量で作りました。ご家庭で食べきりやすく、気軽に作りやすい量だからです。200gで作るときには、他の材料も倍量にしてお作りください。

 ホットケーキミックスはふるうことなく、そのまま生地に加えて構いません。混ぜるときも、最後までヘラに持ち替えず、泡立て器でかき混ぜて大丈夫です。ぐるぐる混ぜても粘ったり固くなったりしにくいのは、プレミックス粉の強みですね。

 プラスする材料たちを活かして、プレミックス粉独特の風味を感じさせることなく、手作りの味に仕上げました。

 特に焼きたての味は、格別。冷めてもおいしく、リベイクして温めることもできます。

めろんぱんママさんの記事一覧

もっと読む