気づくと宙を舞うホコリ、ためない工夫

印刷用を表示
2017/11/29 12:00

今年の汚れは今年のうちにといいますが、しっかりお掃除をしても、いつのまにか漂っているものがホコリです。そんなホコリをためないように、また、掃除を少しでも楽にできるように、ぴょこぴょこぴさんは様々な工夫をしています。

今日はホコリ掃除のお話です

 私はお掃除が好きな方ですが、ホコリを払うのは本当に面倒だと思っています。

 水回りや火の回りなどはしっかりお掃除すれば、成果が目に見え、達成感もあります。しかし、ホコリはしっかりお掃除しても部屋のいたるところにすぐにたまります。水垢や油汚れと違い、舞い上がって移動することも嫌なところです。

 また、私はハウスダストアレルギーがあるので、ホコリをためてからお掃除すると、くしゃみや鼻水が出てしまいます。

 そんなホコリ掃除が少しでも楽になるよう、私なりに工夫していることをご紹介したいと思います。

普段のお掃除

朝起きてすぐのフローリングワイパー

 部屋に舞い上がっているホコリは、夜のうちに床に落ちてたまるそうです。

 そこで、育休に入る前は、朝起きるとすぐに床をフローリングワイパーで乾拭きしていました。忙しい日でも効率よくホコリを取り除くことができていたと思います。

 育休中の今は、毎日掃除機がけができることと、次女が泣いて起きてくる前に、朝食の準備など必須の家事をどんどん進める必要があるのでやっていません。

 仕事に復帰したらまた始める予定です。

はたきがけと掃除機がけ、水拭き

掃除機は毎日、はたきと床の水拭きは週2~3回行っています。棚や家具などは、頻度は決めていませんが、ときどき拭いています。

 はたきがけは、桟(窓枠やドア枠の上下、引き戸の枠の上など)やペンダントライトの傘、壁、テレビの上や裏、家具、冷蔵庫の隙間、巾木と、部屋の上から下へとかけています。

 その後、掃除機をかけてホコリをできる限りなくしてから、水拭きをします。

 出かける用事があれば、水拭きはお掃除ロボットのブラーバで行い、家にいる時は、固く絞ってセスキ水をスプレーしたマイクロファイバークロスを、フローリングワイパーに付けて拭いています。

 棚や家具などは、汚れが気になる時は、先ほどと同じく固く絞ってセスキ水をスプレーしたマイクロファイバークロスで拭き、特に気にならない時は、マイクロファイバークロスで乾拭きします。

扇風機やかごは、拭うより洗う

 扇風機の羽や樹脂のかごなどにホコリがたまったら、払ったり拭いたりするより、水洗いする方が簡単にきれいになります。

 私はよく入浴のついでに洗っています。

 扇風機は羽やカバーを外して洗います。ホコリの量が少ない時はそのまま洗い、大量に付いている時は、排水口を詰まらせないように掃除機で吸ってから洗います。

 手順は、シャワーをかけ、お風呂用洗剤をスプレーし少し置いて汚れを浮かせます。その後、お風呂用ブラシかスポンジで洗い、再びシャワーで流します。洗った後はタオルで簡単に拭いてから、完全に乾かします。

 細かい場所に入り込んだホコリも落ちて、つるんときれいになります。

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ