資格を取り「防災備蓄」を大きく見直しました

印刷用を表示
2019/09/23 08:00

防災備蓄収納プランナー2級の資格を取り、備えを大きく見直したというぴょこぴょこぴさん。防災は、備えることと同じくらい「見直し」が大切です。防災備蓄の管理について、紹介してもらいました。

防災の備えを大きく見直しました

 防災の備蓄ってされていますか?

 使うかわからないモノ(できれば使う日が来てほしくないモノ)を購入して、スペースを取って保管しておくのって気が重いですよね。

 私は、東日本大震災で帰宅難民になったり、計画停電を経験したりして、「自分で備えをしなくてはならない」と考え方が変わりました。

 そこから少しずつ備蓄を増やし、年2回、3/11(東日本大震災の日)と9/1(防災の日)に見直しをすることにしています。

詳しくはコチラに書いています。

私が行き着いた、災害時のストック品の管理方法

 自己流でこの方法に落ち着きましたが、「本当にこれで大丈夫かな?」と見直しする度に悩んでいました。

 そこで、専門知識を身に着けたいと思い、防災備蓄収納プランナー2級の資格を取りました。2級は、自宅の防災備蓄について学ぶものなのですが、講師の方の話を聞いて、新たな発見がありました。

 それを我が家に合うようにアレンジしつつ、かなり備蓄を見直したので、今回はその内容についてご紹介します。

ぴょこぴょこぴさんの記事一覧

もっと読む