ラグビーボール型のカボチャ「ロロン」

印刷用を表示
2019/09/20 07:00

今日から始まる「ラグビーワールドカップ2019」。初の日本開催に、大盛り上がりの予感。そんなラグビーにちなみ、ラグビーボールの形をした珍しいカボチャをご紹介します。

ユニークなだけじゃない、美味しいカボチャ「ロロン」

 これから旬を迎えるカボチャ。そこで今日は美味しいカボチャの見分け方と、今年イチオシのカボチャの品種をご紹介! の前に、ユニークなカボチャ「ロロン」をご存知ですか?

 ロロンは、タキイ種苗さんが品種改良した、ラグビーボール形のユニークなカボチャ。その名は、もっとみんなにカボチャを食べてもらいたいという育成者の「ロマン」と、まるで食味が「マロン」のような甘さを持つことから命名されました。

 形だけではなく、美味しさにもこだわっているというこちら。肉質がキメ細かく、滑らかな舌触りと上品な甘さが口いっぱいに広がり、一度食べたら忘れられない味わい深さが魅力のカボチャです。

おいしいカボチャの見分け方

 さて、これからの季節はカボチャが旬。10月にはハロウィンもあり、食卓で活躍する機会も多いのでは。野菜のプロ、タキイ種苗さんに教わった美味しいカボチャの見分け方をご紹介しましょう。

その1 “ランドマーク”が目安

 カボチャの皮にあるオレンジ色の斑点は傷んでいるように見えますが、実は“ランドマーク”と呼ばれるもので、カボチャが熟していることを示す目安になります。スーパーなどで緑色だけのカボチャと、オレンジ色の斑点のあるカボチャがあった場合は、ぜひオレンジ色の斑点があるものを選んでみてください。

その2 カットされたカボチャは種に注目!

 店頭で半分や1/4にカットされて販売されている場合は、種が大きいものを選ぶとよいでしょう。種もそのカボチャの熟し具合をあらわしています。種が小さいものは未熟なカボチャである場合があります。大きな種のカボチャの方が甘くて美味しい可能性が高いそう。

 カボチャを購入される際、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連リンク