遊びのこころで「昭和弁」を作っています

印刷用を表示
2017/11/28 00:00

会社員のsimadaさん。金曜日に、昭和をイメージした「昭和弁」を作ってInstagramに投稿していらっしゃいます。

「料理はレクリエーション」という言葉に感銘を受けて

 次男に、高校初日の弁当を「ミジメ」と評されたことがきっかけで弁当作りに目覚めました。息子たちの独立後は、夫の弁当作りをしています。

 毎週金曜日に、昭和をイメージした「昭和弁」を作っています。昔の料理本に書かれていた「料理はレクリエーション」の言葉に感銘を受け、遊びのこころをもった弁当作りを目指しています。

昭和弁といえば、赤いタコさんウィンナー
昭和弁といえば、赤いタコさんウィンナー
母の味・塩おにぎりで昭和弁
母の味・塩おにぎりで昭和弁
オムライスで昭和弁
オムライスで昭和弁

お弁当のハンバーグといえば

 昭和のロングセラー食品といえば、1970年(昭和45年)発売の、イシイのハンバーグ!皆さんは、マルシンとイシイ、どっち派ですか?

この日はイシイのハンバーグで昭和弁
この日はイシイのハンバーグで昭和弁

出前のかつ丼をイメージして

 今ではすっかり見かけなくなった、出前のバイク。デリバリーじゃなくて、「出前」。昭和の家の玄関には、黒電話の横に、寿司屋や蕎麦屋の出前のお品書き表がぶら下がっていたっけ。

 わたしが好きだったのは、かつ丼です。昔の出前のかつ丼には、必ずグリンピースがのってたよね。そして、どんぶりのふたの上には漬け物の小皿。

出前のかつ丼をイメージした昭和弁
出前のかつ丼をイメージした昭和弁

昭和の大家族は大変だった

 昭和の家庭は大家族だったですよねえ。友達はみんな当たり前に3人兄弟だったし、三世代同居が普通、おじさんやおばさんまでいたりして。ウチは最大8人家族でした。

 そんな大家族主婦のごはん作りは大仕事だっただろうな。大鍋いっぱいのけんちん汁、大皿にいっぱいの煮物。天ぷらなんかした日には、揚げただけでおなかいっぱいでしょうね。久しぶりに揚げて、あまったかき揚げを見てたらそんなことを思い出しました。

昭和の大家族主婦の大変さを思いながら、かき揚げで昭和弁
昭和の大家族主婦の大変さを思いながら、かき揚げで昭和弁

Writer PROFILE

  • Shimada Sachikoさん

    Instagram:@shimada_sachiko


    Instagram:@bento_shimadaya


    毎週金曜日に、昭和をイメージした「昭和弁」を夫に作っています。昔の料理本に書かれていた「料理はレクリエーション」の言葉に感銘を受け、遊びのこころを持った弁当作りを目指しています。

これもおすすめ