イギリスの料理といえば、以前はあまり評判がよくありませんでしたが、料理ブログを主宰するMischaさんは、なぜか魅了されてしまったのだそうです。その理由とはなんだったのでしょうか?

巨大な魚のフライにびっくりした思い出

 世界で一番有名なイギリス料理といえば「フィッシュ&チップス」かと思います。

 私がこれを初めて見たのは大学の卒業旅行で訪れたイギリスで、イギリス人の友人のお父さんがテイクアウトで買ってきたものでした。

 新聞紙でくるんであるのをお皿に出すと、巨大な魚のフライとフライドポテトがどっさり! 

 こんなに脂っこい食べ物を、野菜もなしによく食べられるなぁと見てるだけで胸やけがしたんですよね(笑)。

 脂っこい料理がテンコ盛りのアメリカでは見慣れた光景ではありますが、当時はインターネットがなく、テレビや雑誌でしか海外の料理を知ることができなかったので、現地で見て驚くものが多少なりともあったのです。

 今私が住んでいるアメリカの東海岸(北の方)はイギリス移民が多いせいか、この辺りのレストランのメニューにはフィッシュ&チップスがあるところが多いです。

 私が当時見たものを見事に再現したようなフィッシュ&チップスの写真を近所のレストランで撮ることができました。

こんな感じのフィッシュ&チップスを初めて見たときは驚いたものです
こんな感じのフィッシュ&チップスを初めて見たときは驚いたものです

 どうですか? このお皿、26cm径ですよ。その大きなお皿に魚が収まり切れず、はみ出してます(>_<)。食べ物を粗末にできない私は3日にわけて完食しました(笑)。

別のお店のフィッシュアンドチップス。こちらは魚が小さくカットされています
別のお店のフィッシュ&チップス。こちらは魚が小さくカットされています

 アメリカでは、お店によっては、この写真のように魚を小さくカットしたものや、ビアバッター(ビールと小麦粉で作る天ぷら生地)の代わりにパン粉で揚げるフィッシュ&チップスもあります。

Mischaさんの記事一覧

もっと読む