目がテンになった、「トーストと豆」のランチ

 さて、イギリスで食卓に出されて、思わず目が点になったものといえば、これです。

トーストアンドビーンズ。スーパーで缶の豆を買ってきて、自宅で再現してみました
トーストアンドビーンズ。スーパーで缶の豆を買ってきて、自宅で再現してみました

 これは友人宅で出されたランチでしたが、トーストに缶のビーンズがそのままどーんと盛ってあるだけ。イメージはこんな感じです。

 お昼ごはんに、パンと豆だけ、これはさすがにおいしいとは思えなかったですね。

 こちらの世界の料理を紹介するサイト(英語)によると、「イギリスの最も有名な豆料理と言えば、このハインツのトマトソース味の缶詰め、すなわち、料理するんじゃなくて缶詰を開けただけ、おいしくなくてもよいからとにかく値段が安くてお腹いっぱいになりゃいい、これぞイギリス料理である」と、面白おかしく皮肉たっぷりに説明してあります。

 たしかに……そんな感じの味でした。

 ピザとハンバーガーにサンドイッチが一番人気のアメリカが美食家の国とも思えませんが、そんなアメリカ人でさえ、自分たちが作る缶詰めの豆のほうが風味豊かでおいしいというのですから、イギリス料理の評判自体は、30年前と今もたいして変わってないのかもしれません。

 でも実はイギリスにおいしいものもたくさんあります。私が西洋料理に興味を持ったそもそものきっかけはイギリスにあるんです。

Mischaさんの記事一覧

もっと読む