物を溜め込むタイプではないけど、一度使い始めた物をなかなか捨てられない。そんな方はいらっしゃいませんか? 実は、私がこのタイプです。

 こんにちは、翔泳社のイトウです。

 皆さんは、物持ちは良いほうですか?

 長く物を使うと言っても、丁寧にメンテナンスを続けてきれいな状態を保つのとボロボロになっても使い倒すのでは少し意味が違いますよね。

 私は完全に後者のタイプで、「いい加減に捨てないとなァ」と思いながらも使い続けてしまいます。

 最後には、あまりにも使用感がありすぎて人前に出すのも恥ずかしく、隠すように使うようになる始末。

 それって私にとっても、使われる物にとっても悲しい関係ですよね。

 特に、つい最近まで使っていたキーケースとパスケース(として利用していたガマクチ)は、色も変わって、すり減って綻んで。疲弊という表現が最も適している状態でした。

 具体的にはこんな感じ

お見苦しい状態を失礼します……!
お見苦しい状態を失礼します……!

 2年位前から買い換えよう買い換えようと考えながら放置していました……。

 こうなる原因はわかっているんです。

 それは、私の準備不足と愛着という名の執着心です。

 買い換えるならどれにするか。事前に決めておけなくて、本当に壊れる寸前(もしくは半壊)まで使ってしまうのです。

 そのため、買い換えよう! のタイミング=本当に替えないと明日から使えないタイミングだったりします。

 だから、急いでお店を何件もハシゴして「これだ!」というものを探します(冷静に考えると、我ながらすごくダサい行動な気がしますが……)。

 そのためでしょうか。頑張って探したお気に入りとして頭のなかにインプットされてしまって、次のものを探すなんて無理! と考えてしまうのです。

 けれど、ズボラで大雑把なので満足にメンテナンスもできず……以下、ループ。

 良くないなと感じていたのですが、少しずつ行動に変えていかなきゃですね。

 というわけで、これからは物をダメにしてしまう前に少しずつ情報を探していこうと思います。

ちなみにパスケースとキーケースは買い換えました。大事にしつつ、次も考えます……。

ちなみにパスケースとキーケースは買い換えました。大事にしつつ、次も考えます……。

Writer PROFILE

  • 伊藤 桃子(翔泳社)さん

    みんなの暮らし日記編集部員です。ビールが大好きです。

伊藤 桃子(翔泳社)さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ