みんなのキッチンを参考に、キッチン収納を見直しませんか? この記事では、eriさん(@erifebruary10)のキッチンをご紹介します。

家族みんなが使いやすい!

 旦那さんと3人のお子さんと一緒に、築37年の中古物件をリフォームして暮らしているeriさん。

 リフォームするときに一番こだわったのは、やはりキッチンだったといいます。

 eriさん宅のキッチン収納のポイントは、家族みんなが使いやすいこと。

 どんな風に収納しているのか、引き出しの中からチェックしていきましょう!

コツは「グループ分け」をすること

家族が毎日使うモノはまとめて収納

 朝ごはんと夜ごはんで毎日使う食器は、まとめてひとつの引き出しの中に。食器棚に来客時に使う食器を、システムキッチンに毎日使うモノをしまっています。

 入っているのは、人数分の茶碗、箸やカトラリー、3~4種類の取り皿、コップやグラス。料理を盛り付ける大皿を除いて、基本的に普段のごはんで使うのは、この中のモノだけです。

 小皿・茶碗・箸・コップと食器の種類別に分けるのではなく、“使う頻度”や“目的”でグループ分けをすると、家族に「あれどこ~?」と聞かれることもありません。

その他の食器を食器棚に

 食器棚には、ゲスト用のコップ、グラス、取り皿などが入っています。

 毎日の料理を盛り付ける大皿もこの食器棚の中に。

 コップやグラスは、この引き出しの中に収まる高さのモノを買うようにしているそうです。

eriさんの記事一覧

もっと読む