みんなのキッチンを参考に、キッチン収納を見直しませんか? この記事では、Tammyさん(@t_ammy)のキッチンをご紹介します。

これ以上ない最高のわがまま収納!

 旬の食材と季節感のある器づかいや盛り付けで、食から四季を楽しんでいらっしゃるTammyさん。

 Instagramの投稿から、たくさんの器をお持ちだろうと想像できますが、器や台所道具の収納はどうされているのでしょうか?

IKEAで設計したオーダーメイドの食器棚

 白を基調にスッキリ整っているキッチン。

 背面にあるのは、IKEAでイチから設計してつくったという収納棚です。

 この収納棚、本当に無駄なく、使いやすいように計算しつくされているんです。

1.調理家電もピッタリ収納

 使っているオーブンレンジ、トースター、炊飯器、コーヒーメーカーのサイズに合わせて幅や高さが設計されているので、どの棚にも無駄なスペースがありません。

 バルミューダのトースターもこの通り、ジャストサイズでぴったりはまります。

2.グラス類は重ねず、取り出しやすく

 グラスやマグカップ、湯飲みなどは、ちょうどいい高さにつくられた引き出しに並べて収納。重ねないので、すぐに取り出せます。

3.細かい仕切りが便利!

 カッティングボードや鍋敷き、竹ざるなどの収納には、浅い仕切りが設けられていました。

 これなら最小限のスペースで、適度に見せる収納も叶います。

4.大皿は重ねず「立てる」

 驚くべきは、しまわれている器の量。

 下の引き出しをあけると、こんなにたくさんの大皿が!

 IKEAの鍋ぶたオーガナイザーを使って立てる収納をされています。

 重い大皿は、重ねると取り出すのが大変なので、立てる収納にするのが吉です。

5.豆皿はかごで仕切って

 意外と収納しにくい豆皿。増えがちなアイテムですし、形も様々なので重ねると崩れ落ちてしまう危険もあります。

 Tammyさん宅では、豆皿はかごの中に立てて、細かく仕切っていました。

 これなら、「今日はどれを使おうか」と悩みながら出したりしまったりできますね。

 この他にも、小皿や中皿、調味料のストック、梅酒などの保存瓶、ストウブ鍋、ふきんなどがこの棚にしまわれていました。

 ひとつの棚にこんなにたくさんのモノがしまわれているなんて……と感動すら覚えるほど!

 ちなみに、フライパンや鍋、調味料はシステムキッチンの引き出しにしまわれていましたよ。

  • 1
  • 2

Tammyさんの記事一覧

もっと読む