無印良品「木の家」、モデルハウスオープン

印刷用を表示
2019/10/09 06:00

10月11日、無印良品「木の家」のモデルハウスが宇都宮にオープン。全国で31拠点目、栃木県への初進出となります。

大きな吹き抜けでゆるやかにつながる、一室空間の家

 無印良品を運営する良品計画グループで、家づくりを手がける「MUJI HOUSE」。同社が手がける「木の家」は、吹き抜けがある開放的な一室空間で、住まい手が思うままに住まいを「編集」する。そんな自由な発想を木造住宅として形にした、「無印良品の家」全4シリーズのうちの第一弾。

「MUJI HOUSE」HPより

小学校の入学に合わせてつくった子ども部屋。その部屋は子どもたちが独立してからも使えますか。家族は日々成長し、暮らし方も変化していきます。「今」の家族にちょうどいい家が、30年後の家族にもちょうどいい家であるために、無印良品はあえて個室をつくりません。子どもの成長やライフスタイルの変化に合わせて、間仕切り壁を使って自由に、簡単に、空間をつくり替えることができます。永く使える箱=「スケルトン」と、暮らしの変化に合わせて自由に編集できる中身=「インフィル」で構成することで、その時々の家族のあり方にふさわしい家で暮らすことができるのです。

 今後、木の家のモデルハウスは鳥取県米子市(2019年10月13日)、埼玉県久喜市(2020年2月)にもオープン予定とのことです。

▼MUJI HOUSE「木の家」