手土産で喜ばれる!「ルビーチョコレート」の新商品

印刷用を表示
2019/10/03 15:00

着色料を使わず、カカオ豆からつくられたピンク色のチョコレートとして話題を呼んだ「ルビーチョコレート」。販売開始から1年、新たな商品が登場しました。

 チョコレートといえばダーク、ミルク、ホワイト、という常識を破り、昨年販売開始された「ルビーチョコレート」。

 驚くべきは、着色料やフルーツフレーバーを使っていないのに、このピンクの色合い。そしてこれまでにないフルーティな味わいであること。

 80年ぶりに発売された「第4のチョコレート」として話題になったので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 ある調査では42%の方がルビーチョコレートについて知っているとのこと(株式会社マクロミル調べ。2018年2月、インターネットにて全国男女800人が回答)。

 そんなルビーチョコレート、気になっていてもまだ食べたことがないという人もいらっしゃるのでは。このほど、ルビーチョコレートの新商品発表会が行われたので、お邪魔してきました。

世界的チョコレートメーカー「バリーカレボー社」が開発したルビーチョコレート

ルビーチョコレートの色は天然なのです

ルビーチョコレートの色は天然なのです

 さて、ルビーチョコレート関連の製品はさまざまなお菓子メーカーなどから発売されていますが、もともと開発したのは世界的なチョコレートメーカー・バリーカレボー社です。バリーカレボー社は、カカオ豆を選定し、ロースト、グラインド、そしてもっとも重要な独自のカカオマスの製造まで行っているチョコレート製造の老舗ブランドで、100年以上の歴史があるのだそう。

 そのバリーカレボー社が、開発に10年以上かけてようやく完成させたのが、ルビーチョコレート。ルビーの色と味わいをもたらす「ルビーカカオ豆」が、カレボー社ならではの選別・加工技術によってルビーチョコレートになるのです。

ルビーチョコレートを使ったお菓子のイメージ

ルビーチョコレートを使ったお菓子のイメージ

ルビーチョコレートの特徴を生かした新商品

 今回発表された一般消費者向けの新商品は、「ルビーショコラのおたべ(株式会社美十)」「ルビーミルフィーユ ミルフィーユアソート(株式会社ユーハイム)」「プレッツェルクッキー ルビー(株式会社ローゼンハイム)」「クリスマスリース ルビーフランボワーズ(メゾン時プレー)」「ルビーチョコレートのコーンパフ(ANAインターコンチネンタルホテル東京)」等。

ルビーチョコレートと京都銘菓「おたべ」を組み合わせた新感覚スイーツ「ルビーショコラのおたべ」660円(税抜) 2019年10月11日発売 株式会社美十

ルビーチョコレートと京都銘菓「おたべ」を組み合わせた新感覚スイーツ「ルビーショコラのおたべ」660円(税抜) 2019年10月11日発売 株式会社美十

ルビーチョコレートでコーティングしたフィンガータイプのミルフィーユ「ルビーミルフィーユ ミルフィーユアソート」600円(税抜) 株式会社ユーハイム

ルビーチョコレートでコーティングしたフィンガータイプのミルフィーユ「ルビーミルフィーユ ミルフィーユアソート」600円(税抜) 株式会社ユーハイム

ルビーチョコレートと木いちごを組み合わせたアイスケーキ「クリスマスリース ルビーフランボワーズ」5,000円(税抜) メゾンジプレー オンラインショップでは2019年10月11日から12月13日頃までの発売。お届けは12月20日~25日予定

ルビーチョコレートと木いちごを組み合わせたアイスケーキ「クリスマスリース ルビーフランボワーズ」5,000円(税抜) メゾンジプレー オンラインショップでは2019年10月11日から12月13日頃までの発売。お届けは12月20日~25日予定

ルビーチョコレートの色も華やか、厚みのあるコーンパフ「ルビーチョコレートのコーンパフ」1箱1,450円(税込) ANAインターコンチネンタルホテル東京 ピエールガニェール パン・エ・ガトー

ルビーチョコレートの色も華やか、厚みのあるコーンパフ「ルビーチョコレートのコーンパフ」1箱1,450円(税込) ANAインターコンチネンタルホテル東京 ピエールガニェール パン・エ・ガトー

 いずれも試食させてもらいました。私はルビーチョコレートを食べるのは初めて。フルーティな酸味があるというのでどんな感じか楽しみにしていたのですが、思っていたよりもずっとおだやかで、自然な味わいがおいしい! ちょっとホワイトチョコレートに近い感じでしょうか。やさしい味のチョコレート、という印象を受けました。

 ピンク色の見た目も抜群にかわいいので、ちょっとした手土産にはぴったりですね。年末年始の集まりに持参すれば、話題の中心になってくれそうです。