パンの“廃棄ロス”をなくす「rebake」

印刷用を表示
2019/10/26 07:00

パンの廃棄ロスを減らす取り組みを行っている「rebake(リベイク)」。11月2日~3日に横浜で開催されるパンの人気イベント「黄金町パンとコーヒーマルシェ」に出店します。

全国各地のパンをお届け

 パンの通信販売を行う「rebake」は、全国各地のこだわりのパンや、廃棄になりそうなパンを販売し、廃棄ロスを削減する取り組みを行っています。

 そんなrebakeが、横浜の黄金町で11月2日~3日に開催される「黄金町パンとコーヒーマルシェ」に出店。全国の名店のロスパンをはじめとするパンを出品します。

 また同時に、イベント当日に天候不順などにより余ってしまったパンのセットを、rebakeのホームページ上で販売予定。なかなか食べられない遠方の人気パンを全国に届けると共に、パン屋さんが安心してマルシェに臨める環境作りを行います。

 なお、同イベントではパンのほか、コーヒーやクラフトビールなども楽しむことができます。

イベント概要

開催名:黄金町パンとコーヒーマルシェ
内容:神奈川県を中心とした60を超える店舗によるパンやクラフトビールの販売
会場:横浜市中区黄金町エリア(京浜急行線 日ノ出町駅ー黄金町駅間 高架下スタジオ等各会場)
入場料:無料
日時:2019年11月2日~3日

  • パンマルシェ会場 12:00~16:00
  • コーヒー、クラフトビール会場 12:00-20:00
    ※rebakeは12時~20時までパンセットを販売
パン好きが読みたい記事はコチラ

関連リンク