今年の鍋トレンド、「発酵」「チーズ」などいくつか気になるワードがあります。ホッと落ち着く出汁がきいた定番の鍋つゆから、今年らしい鍋つゆまで。注目の商品を集めました!

あっと驚くご馳走お鍋!

 1つ目は、「ヤマサ匠鍋 白みそ肉鍋つゆ」。

 こちらは、肉マイスターの田辺晋太郎さんが監修した商品。やさしい味わいの白みそが、お肉の旨味や甘みを引き出してくれます。

 そして……田辺さんの提案する迫力満点の肉鍋タワーにも注目!

 キャベツ、ねぎ、もやしを山盛りにして、豚バラ肉を下から巻き付けるだけで意外と簡単にできるよう。この冬ぜひトライしたいお鍋です。

 〆にカレー粉とうどんを入れて、カレーうどんにすると、とってもおいしいそうですよ。

 このほかにも、色んな肉鍋シリーズがあるようです。盛り付けのバリエーションもたくさん紹介されているので、気になる方はぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

調味料としても使える万能鍋つゆ

 2つ目は、「最後までまるで搾りたて 香るゆず塩鍋」。

 注目の理由は、斬新なパッケージ。つゆを注ぎ終わると、注ぎ口が自然に閉じるようになっているので、鍋つゆだけでなく調味料のように使うこともできるんです。

 人数に合わせて好きな分量を使うこともできますし、味の濃さを調節したり、〆の前に味を足したりすることもできます。

 たとえば、野菜スープの味付けに使ったり……。

 鶏のささみ肉と卵を添えれば、ヘルシーなさっぱりゆず塩ラーメンに!

 ゆずの爽やかな風味を使いきるまで楽しめるので、この時期ストックしておくと助けられることが多そうです。

雲丹×お肉、贅沢な組み合わせをお手頃価格で

 最近よく見る、雲丹×お肉の組み合わせ。Instagramでも、「#うにく」をよく見かけますよね。

 あの贅沢なコラボレーションをお手頃に味わえるのが、「うにくしゃぶ鍋用スープ」。

 雲丹の香り、超特選しょうゆの旨味、西京みその甘み、利尻昆布のだしが調和した、つけだれいらずのしゃぶしゃぶ用スープです。

 しゃぶしゃぶしたお肉を溶き卵に絡めたり、牛肉にはわさびをつけて食べるのがおススメだそう。

 最後の〆は、雲丹雑炊! 刻みのりと三つ葉を散らせば、おうち鍋とは思えないハイクオリティな雑炊をいただけます。

 ちょっと特別な日やおもてなしにも喜ばれそうですね。これは本気で気になります!!

今年の鍋トレンドは「+チーズ」?!

 4つ目は、洋風気分のときに使いたい「〆までおいしい チーズで仕上げるポトフ鍋スープ」。

 ベースのチキンブイヨンスープに野菜の旨味が溶け込んだ、コクのあるスープを注ぐだけでいただけます。

 この鍋のポイントは、チーズ!

 仕上げにスライスチーズをトッピングしたり、具材としてカマンベールチーズを入れたり、〆にチーズリゾットを作ったり。これなら、子どもも大喜び間違いなしです!

  • 1
  • 2

みんなの暮らし日記編集部さんの記事一覧

もっと読む