おいしい手づくりワンタン 包み方もおさらい!

印刷用を表示
2019/11/21 08:00

肉汁あふれるジューシーなワンタンを作るコツは、○○にあった?! 2種類のたれでいただく四川風ワンタン、お家でも作りやすいレシピを教えてもらいました。

 こんにちは! アジア好きな料理家・横田睦美です。

 月に一度だけオープンするアジア食堂へようこそ♪

 ここ最近、旅行に行っていないので東南アジア不足に陥っています。といっても、9月にタイに行ったばかりなんですが……。やっぱり、アジアには何度でも行きたくなる中毒性がある気がします。

 さて、今回ご紹介するレシピは四川風ワンタン。ゆでたワンタンに、ラー油を使ったピリ辛だれをかけて食べる、四川料理を語るのに欠かせない一品です。

 ちゅるんとのど越しがよく、ついつい食べ過ぎてしまうんですよね。おもてなしの一皿にももってこいなので、年末の集まりにも使えるレシピです。

 今回は、以前もご紹介した中国の調味料「老干媽(ローカンマ・ラオガンマ)」を使ったピリ辛だれのほかに、ピーナッツバターを使ったコクうまだれもご紹介します。

 余ったピーナッツバターでできる絶品だれで、ますますワンタンが進みますよ♪

四川風ワンタンの作り方

材料(30~40個分)

・豚ひき肉 200g
・玉ねぎ 1/2個
・ワンタンの皮 30~40枚
Aおろししょうが 小さじ1
A酒 大さじ1
Aごま油 大さじ1
A塩こしょう 多め
A鶏がらスープの素 小さじ1/2

【基本のラー油だれ】
・食べるラー油 大さじ2
・しょうゆ 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・酢 大さじ2

【ピリ辛ピーナッツだれ】
・ピーナッツバター(無糖) 大さじ2
・食べるラー油 大さじ1
・砂糖 大さじ2
・酢 大さじ1
・しょうゆ 大さじ2
・ピーナッツ 大さじ1

下準備

・玉ねぎをみじん切りにしておく。

・ピーナッツを砕いておく。

作り方

1.たれを作る

【基本のラー油だれ】は、すべての材料を混ぜるだけ。

【ピリ辛ピーナッツだれ】は、ピーナッツバターにしょうゆ・酢を大さじ1ずつ加えて混ぜ、全体がなじんだら次の材料を加えていき、なめらかになるまで混ぜる。

2.たねを作る

豚ひき肉にみじん切りにした玉ねぎとAを入れて粘りが出るまでしっかりと練る。ビニール手袋をするか、ちゃんと混ぜられるのであればゴムベラでもOK。

この時、ボウルの下に氷水を当てて練ると、余分な脂が溶けずジューシーに仕上がります。

脂が冷えているので、練り上がりはやや白っぽくなります。

手が冷たくても、おいしいワンタンのために我慢ガマン……!
手が冷たくても、おいしいワンタンのために我慢ガマン……!

3.ワンタンを包む

包み方その1

ワンタンの皮の四つ角に水を塗り、適量のたねをのせる。

上下の皮を左右すこしずらして重ねたら、サイドの皮を内側に折り込むようにしてはりつける。最後は、たねのまわりを指で押さえ、皮同士をしっかり密着させたら完成。

包み方その2

横長になるようにたねを置き、革の周囲に水をつけて上下折りたたむように貼り付ける。上部分の余った皮を谷折りにしたら、手前を重ねるようにして、水をつけてしっかり押さえて止める。ひな人形をイメージして形を整える。

 ワンタンの皮は、餃子よりもずっと薄く、破れやすいのが難点。乾燥すると破れやすくなったり、すぐにパリパリになってしまうので、ラップをかけたりするなど乾燥しないように注意しながら包んでくださいね。

4.ワンタンをゆでる

 沸騰したたっぷりのお湯でゆで、ざるでしっかり水気を切る。ゆであがったらお好みのたれをかけて完成。ゆですぎると皮が破けてしまうので注意!

  • 1
  • 2

横田 睦美さんの記事一覧

もっと読む