20年間のイタリア生活を終え、日本に帰国。おいしいイタリアンや 普段の食事をブログで発信している、yukoさん。イタリアでのクリスマスと年末年始についてについてのお話をしてくれました。クリスマスイブといえば、チキン、という日本人。一方イタリアはそうではないようです。

クリスマスは家族と過ごす日

 カトリックの国イタリアにとってキリストが生まれた日を祝うクリスマスは一年間の中で最も大切な行事の一つです。イタリアのクリスマスは「ナターレ」と呼ばれます。

 学校は20日前後からクリスマス休暇に入り、25日はもちろん翌日の26日は「サント・ステフェノ(聖・ステファノの日)」と呼ばれ、祝日になります。この2日間はレストランやお店がほとんど閉まってしまうところが多いです。ブランドなどの有名店やスーパー、レストランもクリスマス休暇を取りますのでこの時期に旅行される方は気を付けてください。

 さてクリスマスといえば、イタリアでは家族が集まって過ごす大切な時間になります。

 家族の結びつきや家族愛の強いイタリア人にとって、クリスマスは恋人と二人で過ごすというよりは大切な家族と過ごす日なのです。普段遠くに住んでいてあまり会えない親戚や家族が集まり、語り、笑い、たくさん飲んでおいしい料理を食べて過ごします。ちょうど日本のお正月みたいな感じですね。

 パーティーは24日の夜ぐらいから始まります。

 さぞかしごちそうが並ぶ豪華なパーティー・・・いえいえ実は、24日のイヴは宗教上の関係からお肉は食べずに魚介系と野菜が中心になります。

 もともとイヴの夜は キリストの誕生を厳かな気持ちで迎えるという意味から「チェーナ・ディ・マーグロ」と呼ばれる質素な夕食にするという風習があるそうです。

 そして7種類のお魚をいただくという習わしもあるそうで、最近では、お肉は食べないにしてもお魚のごちそうが並ぶようです。

 ウナギを輪切りにして白ワインで煮た料理、いかのフライ、ボンゴレスパゲッティ、バッカラと呼ばれる塩タラのトマト煮、魚介のサラダ、カルパッチョ、スズキやタイなどの丸ごとグリルなどなど。

イタリアのイヴの代表的なメニュー、魚介のサラダ
イタリアのイヴの代表的なメニュー、魚介のサラダ

 そして24日から25日の日付が変わるとスプマンテなどを開けて、乾杯。子どもたちはツリーの下に置いてあるプレゼントを開けることが許されます。

 このプレゼントは子どもだけということではなく家族一人一人にそれぞれが用意します。そして家族だけでなく会社の同僚や普段お世話になっている人などにも渡します。だからクリスマス前はプレゼントを買う人で街は大にぎわいです。これも日本の大みそかのようなにぎわいぶりになります。

 イタリアのナターレの飾りつけには、クリスマスツリーより欠かせないものがあります。

曽布川優子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ