【@stillabanさん】お父ちゃんに作る7日間の和食弁当

印刷用を表示
2019/12/01 08:00

みんなの7日間のおべんと日記をつづっていく、リレー形式のこの連載。お弁当のネタに困ったときに、やる気が出ないときに、お腹が空いたときに、ぜひご覧ください。

「今日もがんばれー」の思いを込めて

 おべんと日記、第4走者は@stillabanさん。

 職場でのランチタイムにラーメンばかり食べていた旦那さんの体調を考えて、お弁当を作り始めたそうです。

 おかずの品数は3種類程度で、基本地味弁だといいますが……。地味弁とは言えないほどに、いつも豪華でおいしそう!

 映える地味弁を作るコツは、メインのおかずをドカンとのせたり、赤・緑・黄の3色を入れるようにしたり、お肉や魚のちょっとした焦げ目や照りなんかを大事にしたり。見た目でもご飯が進むように心がけているのだとか。

 「自分が楽しんでいると自然とお弁当の味にも反映されますし、日々のお弁当作りで料理のレパートリーも増える。その中で主人の健康も守れたら一石二鳥ですね笑」と話すstillabanさん。

 ご主人のために作るお弁当には「今日もがんばれ~!」という思いが込められているように見えます。

 あっという間に終わってしまう秋の味覚が大活躍した、ちょっとリッチなお弁当の記録です。

  • 1
  • 2