クリスマスには「プレゼピオ」が欠かせない

 イタリアのナターレの飾りつけには、クリスマスツリーより欠かせないものがあります。それが「プレゼピオ」です。

ツリーより「プレゼピオ」
スペイン階段に飾られたプレゼピオ

 プレゼピオはキリスト誕生の様子を人形にして並べたものです。馬小屋で生まれたといわれているキリスト。キリストのそばには父ヨセフと母マリアが寄り添っています。

プレゼピオは、キリスト誕生の様子を表しています
プレゼピオは、キリスト誕生の様子を表しています

 そして小さなキリストの赤ちゃんは24日までは置かれていません。誕生した25日に日付が変わってから置かれます。なんだかいい加減そうに見えるイタリア人ですが、ナターレの行事に関しては歴史を重んじて律義に対応するようです。

 このプレゼピオ。家に飾れるミニチュアタイプから教会に飾ってある大きなものまでさまざまです。

 イタリアのウンブリア州ペルージアにある街「グッビオ」はひとつの山全体にライトで大きなツリーの飾りつけをするのが有名ですが、街のある公園に等身大のプレゼピオがあります。入場は無料で、夜はライトアップされるということで見に行きましたが、なんだか怖い。小さかった娘が泣き出したので早々に引き上げたことがありました。

バチカンのサンピエトロ広場に飾られたプレゼピオ
ヴァチカンのサンピエトロ広場に飾られたプレゼピオ
ビットリオ・エマニュエレ広場に飾られた電光のプレゼピオ
ビットリオ・エマニュエレ広場に飾られた電光のプレゼピオ

曽布川優子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ