収納のラベリングや子どもの名前つけに便利なテプラ。実は他にも楽しい使い方があるんです。テプラを使ってクリスマスカードを作るワークショップに参加してきました!

このリボン、何でしょう?

 こんにちは、編集部のイトウです。

 突然ですが、このリボン何だと思いますか?

 実はテプラで作ったんです。

 テプラといえば収納用のラベルを作ったり、お子さん持ち物への名前付けに役立つグッズ。でも、こんな風にテキストやイラストを印字することでオリジナルのリボンを作ることもできるのです。

 ちょっとしたプレゼントに使えば、可愛いですよね。

ちなみに、専用のカードリッジを使います。
ちなみに、専用のカードリッジを使います。

 なぜ急にテプラ? とお思いの方もいらっしゃるかと思います。実は先日、テプラの販売元であるキングジムさんでクリスマスカードづくりのワークショップが開催されたので行ってきたのです。

 本日はその様子をレポートできればと思います!

 ただ、本当に申し訳ないのですが、筆者はびっくりするほどの不器用でして……(ボタン付けは針に糸を通す時点で時間がかかりますし、卵焼きはスクランブルエッグになります)。作るので手一杯だった部分が多くあります。

 説明がぼんやりしていたり、簡潔すぎる箇所はテンパっていたのだな、と温かく見守っていただけますと幸いです。

テプラとご対面

 会場に着くとテーブルの上にはセット一式が!

 ワークショップで使用したのはガーリー「テプラ」(正式名称は「テプラ」PRO SR-GL2)という、11月24日発売された新しいモデルでした。

化粧ポーチのような外見で、ジッパーを開くとボタンが出現しました。こういう演出でちょっとテンションが上るのは私だけでしょうか。

 

 金色にピンクのリボンが可愛くて、「君、本当にテプラ?」と言いたくなる感じでした。

 ちなみに、新しいガーリー「テプラ」はフォントや絵文字、フレームのバリエーションが豊富でイラストは80種類以上(!)ワークショップ中はどれを使ってもOKだったので、すごく迷うことになりました。でも、どれにしようと悩むのも楽しい時間ですよね。さらに、月・日とデザイン枠を組み合わせて日付シールも作れるようになったとのこと。手帳を使う方には便利機能かもです。

意味もなく試しに作ってしまいました。イニシャルマークも作れます
意味もなく試しに作ってしまいました。イニシャルマークも作れます

さあ、作りはじめます

 写真は講師のコクボマイカ先生が作ったお手本です。私もこれを目指して作ります。

 ちなみにカードはシルエットの描いてあるカードの上にスチレンボード等厚みのある素材を置き、その上からシルエットの中身のイラストを貼って立体感を出したものです(実際の手順ではリボンなどの飾りを作った後にこの作業をしましたが、イトウがバタバタしており、先生に手伝っていただいたので先にご紹介でした)。

リボンを作ろう!

 まずはカードに使うリボン作りから。今回は赤地に金文字のリボンと、緑地に金文字のリボンを使います。

 機体の背面にリボンカードリッジを入れて、テキストやイラストを入力!

出てきました!
出てきました!

 緑のほうはアンティークフォントでMerry Xmasと打ってみました。「リボン連続」というメニューを使うとテキストを一回入力するだけで、希望するリボンの長さ分連続で印字ができて便利でした。イラストはリボン連続だと間に隙間ができてしまうので、リボンの長さ分だけイラストを入力したほうが良かったです(そうしてできたのが、記事冒頭のリボンです)。

 印字したリボンを両面テープで成形したら、ビーズと針金を使って、リボンの飾りを作ります。

 リボンの印字と、成形以降の説明量の差からお察しの方もいらっしゃるかもですが、この時点で他の参加者さんに比べて周回遅れ気味……。リボンが踊り、針金からビーズが逃げ、手がほつれました。

 作業が難しいわけではなく、イトウが不器用なだけです。だって、私でもこんな感じでリボンが作れましたから。

シールでデコレーション

 気づいたときには、金色のギフトシールを使った飾りを作っていました。印刷したシールを強度のある厚めの紙に貼り、カード幅に合うようにカット。キャンドル柄のカードに貼り付けます。

ちょっとはみ出てる? 細かいことは気にしない!
ちょっとはみ出てる? 細かいことは気にしない!

 使用したギフトシール(これも新商品なんだそうです)はマット素材でラベル幅18mmとゴージャスな存在感でした。名前の通りギフトラッピングや、特別なパーティーの招待状に良さそう。ちなみに、銀色もありました。試したかったのですが残念ながらそんな余裕はありませんでした笑。

 あとは、ストーン等で飾り付けてカバー面は完成です。

 イトウ作はこんな感じ。意外と可愛くできたと思っているのですが、どうでしょう?

 メッセージを書き込む部分は、カバーよりも少しサイズの小さい紙を両面テープで接着することで作り出すことができました。カバーの紙と色を変えると良い感じです。

 私は透明テープを使ってガーランド風に飾って、ちょっと楽しげにしてみました。

 これで完成です! わーい。

 さてさて、駆け足でご紹介したレポートはいかがでしたでしょうか。

 私はワークショップに参加して「テプラって収納に使うだけでなく、工夫次第で生活をちょっと楽しく演出できるものなんだなァ」と気づかされました。

 もし、ご家庭にテプラがあるけどあんまり使ってないな、という方に本記事が何かのヒントになれば嬉しいなと思います。

 ※新しくテープカートリッジを買って何か作ってみようかな! という方は、事前にお手持ちのテプラに対応しているかをご確認くださいね。

関連リンク

Writer PROFILE

  • 伊藤 桃子(翔泳社)さん

    みんなの暮らし日記編集部員です。ビールが大好きです。

伊藤 桃子(翔泳社)さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ