PR

「持たない暮らし」で考えたいお金の在り方

印刷用を表示
2019/12/13 06:30

どんどん便利になっていく時代、モノがあふれた時代になって出てきた「持たない暮らし」という言葉。今、モノも思考もスッキリと、シンプルに生きたいという人たちがたくさんいます。そんな暮らしと切っても切り離せない、お金の話。

「持たない暮らし」と「お金」の未来

 キャッシュレス、キャッシュレスと言われる時代。説明するまでもなく、便利なことは皆さんもご存知のことでしょう。今後、キャッシュレス化の波はどんどん大きくなっていくことが予想されますが、これから「現金」は私たちの生活にとってどのようなものに変わっていくのでしょうか。そう考えさせられたときに見つけたのが、こちらの動画。

 

 

 キャッシュレス化が進んでいく中で、現金の出番は減っていくのかもしれません。モノや思考を手放すときと同じように、今まで当たり前にあったものとサヨナラするのはちょっぴり寂しい気もしますが、こんなふうに考えると、悪いことではないのかもしれません。

「お金を持ってるのは、むしろ特別なときって考えたら? いつもは身軽に、で時々、思い出の印に」

 「持たない暮らし」をするからこそ見えてくる、より良い暮らしのヒント。何を持つか、持たないかは、みんな違いますが、手放すかどうか迷ったとき、こんな考え方が参考になるかもしれませんね。

関連リンク

みんなの暮らし日記ONLINE
2019/12/24 10:03 /article/detail/2302