「おうちごはんの悩みを発酵食で解決する」を軸に活躍している山口さん。発酵食の最初の一歩について教えてくれました。

体の内側から美しくありたい

 昔の私は、きれいな人、美しい人の外見だけを見ていました。

 なんで、私の足ってこんなに太いんだろう……。

 なんで、私の顔ってこんなに丸いんだろう……。

 細い人を見れば、どこかうらやましく心の中でいいなぁっと思っていました。

 そして努力する前から「私には無理」と思い、子ども時代に持っていた自信もなくしていました。

 そんなときに、思ったこと。

 「自信をなくすこと」って「自分を信じられなくなっている」こと。

 「自分を信じる」って書いて、自信だ。

 産まれたときは祝福され、どんなことでもできるようになったら喜ばれる、そんな子ども時代を過ごしてきたはずなのに、大人になるにつれて自信をなくす人たちが多いのはなぜなんだろう?

 そんなことを思うようになりました。

 そして、気づいたことがあります。

 私は「自分を大切にする」ということをしていませんでした。

 自分をケアするということをしないまま、自分の人生を、誰かの人生と比べていたことに気づいたのです。

 改めて、生きるということに目を向けてみようと思いました。

 生きることの根底である「食べること」を大切にするということだったら、すぐに行動に移せるかもしれない……。

 私を動かすのは、やはり食べ物。車で言えばガソリンです。

 いつも動いてくれる自分の体のために、「食べるセルフケア」をしてみようと、思ったのです。

 食べるセルフケアという意識で、「発酵おうちごはん」の活動をスタートしました。

食べることは自分を大切にすること
食べることは自分を大切にすること

山口 さきさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ