神奈川県藤沢市で親子でくつろげる「親子カフェjoy」を経営している山田さん。これまでのべ15,000人の親子をお店に迎え、子育ての悩みを聞くことも多数。ご自身もフルタイムで働き、3人の子を持つお母さんです。今回は、保育園のお話。上の子2人の卒園を機に、ファミサポ、認可外保育園、法人立保育園に子どもを預けてきたこれまでの経験を振り返ってくれました。

3人子持ち・実家なし・フルタイムで働く親子カフェ店長の子育て事情

初めてご覧になる方へ

 「子連れになった途端に出かける場所がないんですけど……」と思い、「なら作ったるわ!」と2011年に神奈川県藤沢市で親子カフェを無謀にも開業しました。そんな日々を綴ったブログも日々更新しています。山田綾子と申します。

 当初はお客様が来なくて「あかん、潰れるかも~」と毎日のように思っていた時期もありました。が、今では月間約200組以上の親子さんにご来店いただけるようになり、毎日お母さんと話し、小さなお客様を愛でる。そんな幸せなお仕事をさせてもらっています。

 お店では、お母さんたちから家事育児などについて質問・相談をされることが多くあります。

  • 実家が遠方
  • お父さんの帰りも遅い
  • フルタイム勤務で家事育児

 などなど、いろんな環境で頑張っているお母さんが多くいますよね。

 私も実家がなく(子どもを産む前に他界しました)、夫の帰りも遅く、フルタイム勤務しながら3人の育児をしています。その中でたくさんの試行錯誤をしてきました。

 私は決して器用でもないし、収納アドバイザーでも調理師でもありません。ついでにいえば自宅に食洗機もないし、お掃除ロボのルンバもありません(笑)。

 ただ、「なんとかしたい!!」という気持ちだけは人一倍強く、100冊以上の家事育児本を読んで、試行錯誤(主に失敗)をして今ではストレスなく自然と自分の時間を作れるようになりました。

 これまでの経験が誰かのお役に立てたら……これ以上嬉しいことはありません。

 私もまだまだ育児中の身です。上から物を申すような立場ではなく、あくまで一緒の目線で「あるある!私もだったよ。私はこうしたよ」という感じで共感、会話しながらこのコーナーでみなさんと一緒に成長できたらと思います。

実録!「保育園・預け先探し」とその後のこと

 お店のお客さんから、以前こんな質問をいただきました。

【Q】一人目を出産して、いま育休中です。そろそろ預け先を探さないと、と思って見学に行ったりしていますが、何を見ていいのか、迷ってしまいます。自宅の近くにあるのは1つの園だけであとは遠いし、何ヶ所も希望を出さないと入園できないかなと思うのですが、初めて預けるのでどこでもいいというわけにもいかないし。店長さんはどうやって決めましたか?

 どこに預けるか。いつから預けるのか

 それは親子にとって一大事!

 人生を左右する選択なのでは……?

 夫は忙しいから、保育園の見学や届け出は私が担当。

 となると、判断するのも……私?

 うぁー!!!責任重大だー!!!

 と、保育園を探していたとき、そのあと幼稚園と保育園とで迷っているとき、毎日思っていました。

 これから預ける方も、今まさに探しているところであれば悩むのも不安になる気持ちも本当によくわかります。

 結局は正解なんてないし、一般論しかない。

 自分たちで決断していくしかないですもんね。

 それでも、同じように悩んで決断して預けて、上の二人が卒園を無事に迎えた今、これから預けようと考えている方の少し参考にはなるかも知れないなと思い、私の経験を書こうと思います!

 本当に、記録と感想です。だからこそ、何か参考になることや気持ちが楽になることもあるかもしれません。ぜひ、気軽に読んでもらえたらと思います!

そもそも初めて預ける前の状態は?

第1子誕生、子育てがスタート
第1子誕生、子育てがスタート

 私は母子家庭で育ち、第1子を妊娠する前に母が他界したので、「実家」というものがない状態で子育てをしてきました。

 夫も帰りの遅い会社員。夫の実家も離れている上にお義母さんは今も現役でバリバリ働いていらっしゃるので、日中の育児は完全に私が中心。

 「子育ての全責任は私に掛かっている!!!!」と

 一人息巻いている状態でした。

 子どもにしてみたら迷惑この上ない激しい思い込み(笑)。

 周りの人たちのサポートあってこそ、だったのですが……

 いやー周りが見えていないって恐ろしいですね。

 「自分が子どもを見るのが一番だ」

 「母である私がちゃんとせねば!」

 と一人で気合ばかりが空回っていました。

 そんな私が子どもを預けるようになった経緯、預け先を探しまくった日々、決断した理由などを、第1子・第2子が卒園した今、ちょっと振り返ってみようかなと思います。

山田綾子さんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ