どんどん新商品が生まれているご当地カレー。日本全国には一体いくつのご当地カレーがあるんでしょうか……。今日は、スーパーマーケットマニアの谷尻さんが8つのご当地カレーを紹介してくれます。

秋田県「比内地鶏カレー」

 やわらかくて歯ごたえのある比内地鶏がゴロっと入った秋田県の「比内地鶏カレー」。

 比内地鶏は、鹿児島県の薩摩鶏、愛知県の名古屋コーチンと並んで日本三大美味鶏ともいわれ、秋田県では名物グルメの「きりたんぽ鍋」にも使われています。

 こちらのカレーはパッケージに「中辛味」とある通り、スパイスをきかせたピリ辛風味で、コク深い味わい。シンプルなおいしさなので、オーソドックスなカレーが好きな方におススメです。

石川県「金沢カレー」

 石川県のご当地グルメといえば、やっぱり「金沢カレー」。

 ソースみたいな黒っぽい色をした濃厚なルー、大量に盛られた千切りキャベツ、ステンレスのお皿などが印象的です。

 固形の具がほとんど入っていないので、トンカツやウインナーなどの追加トッピングをして楽しむのが主流。私はコロッケをよくのせちゃいます。

 石川県のスーパーに行くと、色んなメーカーの金沢カレーが並んでいますが、お土産におススメなのは定番の「ゴーゴーカレー」。ゴリラが描かれたインパクトのある黄色いパッケージは、映えますよね。

 気になるお味は、ソース感がありスパイシー。あとからピリッと辛さがきます。

京都「京風鶏カレー」

 京都の鶏料理専門店「京の鳥どころ 八起庵」の京風鶏カレーは、だしの風味がしっかり感じられる和風味が特徴的。ご飯はもちろん、パッケージにあるようにカレーうどんにするのもおススメです。

 ピリリときいた一味がいいアクセントに。だしの風味がしっかり感じられるサラッとしたカレーは、京の料亭にきた気分をおうちで味わわせてくれます。

谷尻純子さんの記事一覧

もっと読む