腸活&カロリーダウンの「発酵ティラミス」

印刷用を表示
2019/12/11 07:00

ヨーグルト×本みりんで作る、ダブル発酵のティラミスのレシピをご紹介します。ご馳走が続く年末年始、発酵食品で身体の中を整えましょう!

▼目次

米どころ新潟には、発酵食品がたくさん!

 こんにちは。田辺真穂です。

 12月に入り、今年も残すところあと1か月ですね! このところの冷え込みやクリスマスの気配に、いよいよ(やっと?)冬の訪れを感じています。

 実はこの秋、主人が長期出張で遠く新潟へ……。

 元気いっぱいの息子二人の育児に、てんやわんやな日々でしたが、先月は新潟へ遊びに行ってきました。

 どこへ行っても発酵食品が気になってしまうわたし(笑)。新潟はさすが米どころ! 日本酒、酒粕、甘酒などお米が原料の発酵食品をたくさん目にしました。

 最近は、旅行先でその土地の発酵調味料を買うのが、私の定番。帰ってからその調味料を使ってお料理をするのも、旅の楽しみのひとつになっています。

 今回、新潟で買ってきたものがこちら。

 新潟のこしひかりを使用して作られたお味噌と本みりん。あとは、塩漬けにした唐辛子を一度雪にさらし、麹やゆずと混ぜて発酵熟成させて作られる調味料「かんずり」も買ってみました。

 ちなみに、今回買った本みりんは、日本酒や甘酒でも有名な八海醸造さんの三年熟成本みりん。私がよく使っている三河みりんさんや、白扇酒造さんの本みりんと比べると、色が薄め。

 甘さとコク、ふんわり軽い味わいのバランスが絶妙で、また一つおいしい本みりんに出会えました!

家族で楽しめる「蔵開き」

 白扇酒造さんの蔵開きにも行ってきましたよ。

 毎年11月、1月、2月、3月に行われるこちらのイベント。

 蔵出しや餅つき、お酒やみりん、甘酒の試飲、関連企業さんの出店など様々な催しがあるので、みりんオタクのわたし、お酒を愛する主人、餅つきがしたい息子と家族全員で楽しめます。

 我が家はここ数年、皆勤賞の勢いでお邪魔しています(笑)。

 今回は購入しませんでしたが、普段は目にすることの少ない1年もの、10年もののみりんなども売られていますよ!

 先日は、切らしていたみりん粕を買ってきました。

 さて、今日は新潟で購入してきた八海醸造さんの本みりんと、白扇酒造さんで購入してきたみりん粕を使って、クリスマスにもぴったりの発酵ティラミスを作ってみました。

 さっそくレシピをご紹介したいと思います。

  • 1
  • 2

田辺 真穂さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2019/12/11 07:00 /article/detail/2344