昭和を思い出すような「昭和弁当」を作っている人気インスタグラマーのbento_shimadayaさんによる連載9回目は、昭和の商店街の思い出です。田舎町の商店街、おかっぱの女の子、量り売りの味噌や醤油に、ショーケースに入った靴下。キリンレモンやエンゼルパイ。覚えている人も知らない人も、なんだか温かい昭和のエピソードをどうぞお楽しみください。

▼目次

 令和になって半年が過ぎました。

 新しい時代もすっかり板につき、それとともに昭和という時代がますます遠くなったような気がします。

 「昭和弁」が、昔を振り返り、懐かしい子ども時代を思い出すきっかけになったことをうれしく思う今日この頃……。

「戦後」感、「バラック」感に自分でもびっくり

 実家で自分の幼少時の写真を見つけてきた。

 はんてんにズック靴。

 クレラップのCMにも負けないナイスな髪型ですね。

 そして……。なに? この「戦後感」? あまりの「スラム感」に自分でもびっくり。

 友だちに見せたら、「バラックに住んでたんですね」と言われました(笑) 。

 確かにここはバラックですが、店側(ウチは商売やってました)の表通りはもうすこし町っぽい感じがあったからね。

 向かいの魚屋は、わら屋根だったけどね。

 そしてその魚屋の隣の食料品店で売っていた「マルシンハンバーグ」が大のお気に入りだった頃、昭和弁当はそんな時代のお弁当をイメージして作っています。

bento_shimadayaさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2019/12/10 06:00 /article/detail/2345