パン屋さんが集まるマーケット in吉祥寺

印刷用を表示
2017/12/07 14:00

2017年12月10日(日)、東京・吉祥寺で、個性豊かなパン屋さんが集まるマーケット「パンイチ!」が開催されます。

 4年前にふたりのお母さんが、みんなにおいしいパンを届けようと始めた、パンの朝市「パンイチ!」。

パンの市場、その名も「パンイチ!」

パンの市場、その名も「パンイチ!」

 回を重ねるごとに人気が高まり、今回で17回目という人気のイベントになりました。

 今週末、12月10日(日)12時から、東京・吉祥寺で開催されるパンイチ!。テーマは「パンイチ!vol.17~クリスマス・シュトーレン祭り2017~」です。

 こだわりのパン屋さん、お菓子屋さんなど14店舗が集まります。

 主催しているのは、「パンのオオトヤ」オオトヨウコさんと、「中田ベーカリー」中田よしこさん。ふたりとも子育て中のお母さんです。

 もともとは事務系のお仕事をしていたという中田さん。東日本大震災をきっかけに、手に職をつけたいとパン業界へ転身されました。以前から大好きだったベーグル専門店や代官山の老舗ブーランジェリー等でパン屋修行の後、独立。「中田ベーカリー」を営んでいらっしゃいます。

 4年前、パン屋さんとしてイベントに参加していたある日、赤ちゃんを背負ってパンを売るパワフルなオオトさんに出会い、同じ子育て中の主婦として意気投合! オオトさんは、元人気DJ、独学でパンを学んだという異色の経歴の持ち主です。

 「パンを作る、売る、買う、だけじゃなく、みんなが集まれる楽しい場を広げていけたらいいね」「主婦の限界を乗り越えよう!」という話に。

 知り合いのパン屋さん5店に声をかけて始めたのが「パンイチ!」のスタートだったそうです。最初は小さなスペースで始まったイベントが、今では1500人規模のものに育ちました。

パンには、作った人の個性が出る

 今回出店してくれるのは、吉祥寺・多摩地区などで、個性的なパン屋さんやお菓子屋さんを営む方々たち。

 「パンって、その人の個性が出るんです」と、中田さん。食べただけで、その人となりがなんとなく伝わってくるんだとか。

中田ベーカリー、中田さん

中田ベーカリー、中田さん

 ほとんどがおひとりや、ご夫婦などで営むお店だそうで、大きなお店とはまた違った、手作りによる個性豊かなパンやお菓子をぜひ食べてほしいとのことです。

 ご自身も毎回出店している中田さんとオオトさん。有機無農薬の安全な食材、素材選びはもちろんですが、地域の農家さんとの交流から生まれるパン作りや、今の時期なら柿を利用した酵母を使ったパン、リンゴを使ったパンなど、季節ならではのパン作りを工夫しているとか。

 アイデアをいろいろ出すのが好きというおふたりは、これまでに、「日本酒とパンのコラボ」「和とパン」「国産小麦」「新麦(収穫したての麦)」などをテーマにイベントをしたり、ワークショップも開催しています。

 今回はイベントに先立ち、複数店のシュトーレンを食べ比べできる詰め合わせセットをウェブで販売したところ、あっという間に完売してしまったとのことですが(残念!)、イベント当日、それぞれのお店ではシュトーレンやクリスマスシーズンにピッタリのパン、お菓子などが並びますのでお楽しみに。

 吉祥寺には自然豊かな井の頭公園や、小さな動物園・「井の頭自然文化園」もありますので、パンイチ! でパンを買った後は、のんびりお散歩というのも楽しそうですね。週末のお出かけにいかがでしょうか。

【パンイチ!vol.17~クリスマス・シュトーレン祭り2017~】

開催日時:2017年12月10日(日)12:00~17:00
場所:コピス前吉祥寺デッキ 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5
入場:無料
お問い合わせ: 「パンイチ!」 kichijoji.panichiアットgmail.com(中田・大戸)

参加ショップ

Special collaboration:

 UNISON TAILOR(コーヒー・焼き菓子・クラフトビール)

これもおすすめ