低カロリー、高たんぱく「大豆」でできたウィンナー

印刷用を表示
2020/01/14 05:00

ヘルシーだけど、お肉のような満足感も味わえる、「大豆ミート」を使ったウィンナーが登場しています。

 大豆を原料とした加工食品でありながら、ハンバーグやミートボールなど、まるでお肉のような使い方ができる「大豆ミート」。低脂質・低カロリー・高たんぱくなその「畑のお肉」は、ベジタリアンの方はもちろん、ヘルシーな食事をしたい人から人気の食材です。

「大豆ミート」

 12月5日より、そんな植物性の“お肉”を使ったウィンナーが、植物性食品を手がける「グリーンカルチャー」より登場。

「プラントベース・ウインナーソーセージ」

「プラントベース・ウインナーソーセージ」を使ったホットドッグ

 畜肉・畜肉エキス等は一切不使用だというこちら、製造過程でじっくり燻製し、ポークウィンナーのような味わいを再現。乳・卵は使用されているものの、一般的なウィンナーと比べ、ヘルシーに仕上げられています。

 同商品は1kg 1,760円(税抜)から、「グリーンカルチャー」のオンラインストア(楽天市場)にて購入が可能となっています。