年齢を重ねるごとに友人が増える。フランス人の秘密

印刷用を表示
2019/12/31 09:00

大人になると、新しい友人はできにくい……そんなふうに思いがちかもしれませんが、フランスでは、むしろ年齢を増すことに、出会いの機会が増えてゆくのだそうです。フランス人の旦那様と、パリで暮らすマダム愛さんが紹介してくれました。

フランス人は、家族ぐるみの付き合いが大好き

 先日、主人の実家に家族で帰省中だったとき、同時期に帰省していた主人の学生時代の親友と会うことになりました。

 その友人は、イタリア・ローマの大学で研究院として働いた後、ミラノで就職。

 その後、ミラノでミラネーゼである現奥様と出会い、今は1児の父となっております。

 ミラノとパリは飛行機で1時間ほどなので、会おうと思えばいつでも会える距離なのですが、お互い仕事も多忙な時期で、さらにはファミリーも増え、家庭でもいろいろと仕事が増える時期。

 なので気がつけば最後に会ったのはかれこれ6年前。まだお互い子どもがいないときでした。

 そんな彼と久しぶりに会える! しかもお互いファミリーで! となったので、どこで会おうか、何をしようか、そんな話で盛り上がったのですが、お互い小さい子どもがいるということと、短い期間の帰省中であること、そんな条件を考えたところ、距離にして15分ほどしか離れていない、どちらかの実家で会おうとなりました。

これぞ典型的なフランスの文化

 でも、そうなると、お招きするする側はいろいろと準備しないとなりません。しかも、お互いが実家にいるので、大変なのは本人ではなくその両親たち。

 でもこんなとき、人をおもてなしするのが大好きなフランス人は、子どもの友達ファミリーがやってくるなんて、楽しみだわ!ぜひ我が家へ!ぜひ我が家へ!となるのです。

 もちろん私たちの両親も例外でなく、お互い、ぜひ我が家へ!となりまして、それはそれで、どちらにしようか悩むことに。

 そして結局、どうしたのかと言いますと、友人の家に、私たちファミリーはもちろん、義両親も連れて参加すると言うことになりました。

 そう、息子同士、6年ぶりの再会の場なのに! そして両親同士は面識がないのにもかかわらず!

 これは典型的なフランスの文化なのです。

マダム愛さんの記事一覧

もっと読む