「着回す」を捨て、コーディネート疲れから卒業しよう

印刷用を表示
更新日:2020/01/24 15:02

ミニマリスト尾崎友吏子さんの連載がスタートします。「私たちは、テレビに出ている芸能人でもニュースキャスターでもありません。大人なんだから、好きな服だけを着るのもいいじゃない」……尾崎さんが「着回しを捨てる」方法を教えてくれました。

▼目次

「同じ服を着てはいけない」と思っていませんか?

 「10着で着回しコーデ」など、特定の枠の中で、いかに多様な見た目になれるのか、ファッション雑誌やネットのファッション記事ではいつも特集が組まれます。

 テレビで目にする芸能人や、毎朝見るニュースの女性キャスターも、いつも違う服を着ています。

 そうして、私たちの多くは、「毎日、同じ私服を着るのは非常識」という固定観念のもと、手持ちの服で「いかに多くのパターンを作れるか」日々チャレンジしています。

 毎朝、コーディネートに迷ったり、どう服を合わせていいのか不安になったり、服を選ぶのに時間がかかり過ぎていたり。

 服のコーディネートを楽しめればいいのですが、それが負担に感じることはありませんか?

 毎日のコーディネートに疲れたら、「着回す」ことをやめてみるのも一案です。

 毎日、違う服を着なければいけない。そう思い込んでいる人の、なんと多いことでしょう。

 私たちは、テレビに出ている芸能人でもニュースキャスターでもありません。常時、人目に触れることを仕事とする芸能人や著名人。または、自分の服を他の人に楽しんでもらう、というサービス精神旺盛な人はともかく、私たちは、毎日同じ服を着ていても、何も問題はありません。

尾崎 友吏子さんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE 2019/12/26 09:00
2020/01/24 15:02 /article/detail/2428