答えは千差万別です

白い靴:無印良品(廃番)/黒い靴:ABCマート/時計:チープカシオ/メガネ:JINS

 「楽しい!」と感じることは、とても私的な感情です。

 「オシャレとは?」という問いに興味を持って、周囲の人々に質問して回ると、

 「一度、キチンと整えた服の一部を崩す」

 「身の丈に合った、サイズ感の服を着る」

 「個性を消し、群衆に紛れるためのもの」

 「有りか無しか?それがオシャレです」

 「自分のこだわりを突き詰める」

 「武装、勝負服。それがオシャレ」

 「自分をブランディング(演出)する」

 「洒落という語源そのもの。冗談や遊び心」

 など、その人の人生観や社会との向き合い方が「あなたにとって、オシャレって何?」に反映されていました。とてもおもしろいです。

服が減ってからオシャレが楽しくなりました

 ミニマリストと呼ばれる人たちの服の数は10〜20着と少ない方が多く。一人一人きっと「オシャレとは?」という答えはミニマリストでもバラバラでしょう。

 どうも、服を着る。オシャレを楽しむという行為には「社会との向き合い方」と「その人らしさ」が入り混じるようです。

 私自身、服を減らしてからのほうが「オシャレが楽しい!」と感じられるようになりました。私の中で「社会との向き合い方」に答えが1つ出たからこそでしょう。

 お気に入りの服を制服のように着ても笑う人はいませんし、もし、笑う人がいてもその人の価値観。

 人は人。自分は自分。

 服選びとして、自分の価値観を信じられることが何よりの幸福に違いありません。

「何で?」が大切なのかもしれません

 もしかするとクローゼットにパンパンに詰まった服は、服ではなく色々な価値観が詰まっていて、「どれを選んでいいのか分からない」という状態なのかもしれません。

 少し自分軸で好き・ときめく・よく着る・着やすい……など服を一枚一枚手に取るときに「何で好き?」「何で着やすいって感じるの?」などの「何で?」の理由を考えてみると自分が見えてくるでしょう。

 あなたにとっての「オシャレとは?」何ですか?

コート:無印良品(廃番)/セーター:ユニクロ ケーブルクルーネックセーターSサイズ/パンツ:ambience tote(アンビエンストート) チノワイドタックパンツ
  • 1
  • 2

Writer PROFILE

  • やまぐち せいこさん

    ブログ ▶︎『少ない物ですっきり暮らす』


    お片付けサポート始めました ▶︎詳細はコチラ


    中道ミニマリスト。ライフオーガナイザー®。1977年生まれ。福岡県出身。愛称は「やまさん」
    夫、息子、娘とともに4人で大分に暮らす主婦。さまざまなインテリアの試行錯誤を経て、ミニマリズムに目覚める。
    ブログ「少ない物ですっきり暮らす」は月間PV150万超。 日本ブログ村「ミニマリスト」「ライフスタイル」PVアクセスランキング1位を獲得。
    2017年ライフオーガナイザー1級・整理収納アドバイザー1級を取得。

やまぐち せいこさんの記事一覧

もっと読む

これもおすすめ