片付けたのに何か足りないもの……それは「輝き」です!

印刷用を表示
2020/01/15 06:00

スッキリと片付いた部屋で理想の暮らしをしたい人へ。元々家事が苦手だからこそ、できない人の気持ちがわかるというライフオーガナイザー®のAngie さんによる連載です。片付けたのに、何かが足りない気がするなら、「輝き」を作ってみませんか?

▼目次

片付けて終わりではない。「輝き」を作ろう!

 憧れの暮らしを目指して片付けが順調に進んでいる皆さん、まだ何か足りない気がしているなら、それは「輝き」です。

 私は、ときどき『ウチ、“断捨離”しました!』というテレビ番組(BS朝日)を見ています。

 あるとき、洗濯機の前には洗う前の洋服と洗った後の洋服が、キッチンには洗い物が山積み、リビングに至っては……というシングルマザーの家を断捨離するというのがありました。

 その方のお姉さんが離れたところに住んでいるのですが、妹が断捨離をするということで手伝いに来てくれました。

 このお姉さんの家が、モデルルームのようにきれいなんです! 小さいころから、正反対の姉妹だったそうです。

 そのお姉さんが、妹の家の片付けの最中に、キッチンシンクの上の棚の、扉をせっせと拭いているんです。

 テレビを見ている私は、「いやいや、拭き掃除なんていいから、片付けを先にしようよ」と思ったのですが、ふと気が付いたのです。

 「そうか、モデルルームのようにきれいで素敵」と思える家に暮らしている人は、片付けて終わりではないのだ、と。

 モデルルームみたいにキレイな部屋には「輝き」があるんです。

 シングルマザーの部屋は、番組の最後には家具のレイアウトも変わり、かなり片付いたのですが、私達が憧れる部屋とはどこかが違う。テレビを通して見ても、まだまだ「輝き」が足らないのがわかります。

 そこで、片付けが順調に進んでいる方もそうでない方も、今回は「輝き」を作りましょう。

 なんとタイミングが良いことに、多くの方は年末の大掃除をした後だと思います。と言っている私は、大掃除をしていないので、片付けが進んでいない方も大丈夫です。一緒にやってみましょう。

 【ポイント】片付けのその先。「輝き」を作ってみる!

Angieさんの記事一覧

もっと読む

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/01/15 06:00 /article/detail/2488