▼目次

目から鱗の収納術!

 廊下の収納棚は、リビングのすぐ側にある比較的大きめの収納スペース。そのため、生活に必要な細々したモノは、ここに置いておきたいとのこと。

 この4段の収納棚に、次のモノたちを収納することになりました。

アイロン、薬や絆創膏などの救急用品、ハンドクリームなどのケア用品、文房具、裁縫道具、工具用品、電池類、保管しておきたい書類、一時保管しておきたい書類、おもちゃの空き箱(フリマアプリへ出す時のために取っておく)、保育園での子どもの作品、シーズン外のバッグ

 依頼者の方に「これは、誰が使う? どこに置いておきたい?」と聞きながら、どんどんモノを収納ケースに入れていくeiriyyyさん。

頻繁に使うモノは、手にしやすい2段目と3段目にしまうことに
頻繁に使うモノは、手にしやすい2段目と3段目にしまうことに

 横で見ていると、「さすがプロ!」と感心した技がたくさん。細かい部分まで考えられていました!

1.「とりあえず」モノを置ける隙間を作らない

 「隙間があると、人はモノを置きたくなるんです」とeiriyyyさん。たしかに、ビフォーの写真を見返してみると、書類ケースや小物を入れる引き出しの前に、細々したモノが置かれています。

 そのため、収納ケースの前にモノを置きたくならないように、できるだけ棚の手前にケースを置くといいのだそう!

収納ケースは棚の手前ギリギリに置く。これならすぐに真似できそう
収納ケースは棚の手前ギリギリに置く。これならすぐに真似できそう

 そうすると、棚の奥のスペースが余ってしまいもったいないので……。収納ケースの奥には、必要になることがほとんどないおもちゃの空き箱をしまいます。

2.持ち運びできるケースが活用!

 塗り薬、ボディクリーム、リップクリームなどまとめておくと便利なお子さんのケア用品は、持ち運びできる収納ケースに。

 これは「お風呂の後にリビングで使うことが多いだろうから」というeiriyyyさんの考え。お風呂からリビングに行くまでに、廊下の収納棚を通るので、動線的にもバッチリです。

無印良品のアイテム。今回使用したアイテムの一覧は次のページで
無印良品のアイテム。今回使用したアイテムの一覧は次のページで

3.棚は使いやすい高さに変える

 棚の高さは自由に変えられる場合が多いってご存知でしたか?

 引っ越ししてから、もしくは家を建ててから、一度もいじったことがない方も多いのでは?

 ですが、棚の高さを変えることで、モノの取り出しやすさがは全然違ってくるのだとか。今回は、3段目の上に余裕が出るように棚の高さを調整しました。

4.捨てられない子どもの制作物は?

 保育園や幼稚園から子どもが持ち帰ってくる制作物。捨てがたい一方で、起き場所に困っている方も多いはず。

 eiriyyyさんが教えてくれたおススメの整理収納グッズは、KOKUYOのA3デスクトレー。eiriyyyさんも自宅でこれを使っているのだそう。もしくは、子どもに制作物を持ってもらい、その姿を写真に収めておく方法もおススメです。

 今回は、ひとまず使っていなかった衣類用の袋に入れ、これからは写真で残していくことになりました。

みんなの暮らし日記ONLINE
2020/01/18 07:00 /article/detail/2502